So-net無料ブログ作成

Daddy, daddy ,daddy!! [子育て]

今朝、無事にダーリンがロンドン出張から帰ってきました。TCATまで迎えに行ったのですが、プディングはバスが到着すると、姿が見えないのに「ダディ、ダディ、ダディ!!」と呼び続け、ダディと対面した時はジャンプして抱きついていました。そして、しっかり抱きついたまま、"Daddy, I love you."  あ~、そんなことを言われたら、私だったら泣いちゃいそうです。

家に帰ると早速スーツケースの中を物色。自分へのお土産を楽しそうに探していました。今回もあるわ、あるわ、プディングへのお土産・・・。今回のお土産は、本がメインです。

DSC_5656.jpg

ダディに早速本を読んでもらいました。一番気に入ったのは、このチャギントン。最近、NHKで放映が始まりましたね。まだ新しいので、本場のイギリスでさえおもちゃも本もあまり出回ってはいません。

DSC_5659.jpg

ダーリンは、お昼過ぎになるともう起きてられなくなって、少しベッドの横になりました。前回のように、寝不足続きでまた一過性の健忘症になるといけないので・・・。プディングもよくわかっているようで、ダディを寝せるのに、毛布をかぶせてあげたり、また静かにするよう試みたり、とても協力的でした。

この日は、ダディからのお土産だけでなく、プディングには私の妹からのサプライズ・プレゼントが届きました。それは、プディングが幼稚園で必要なお弁当箱入れやコップ入れ等・・。大好きなトーマスのものです。

DSC_5681.jpg

実はこれら、100円ショップで買ったものだそうですが、そんな風にはとても見えません。一体原価はいくらなんでしょう・・??ライセンス料も払わなければいけないでしょうに、こんなに安く売ることができるのにはびっくりです。

それにしても今日のプディング、一日中はしゃいでいました。お昼寝もなし・・。やっぱりダディが家にいるのはとっても嬉しいようです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(ヨーロッパ人)へ ← こちらのクリックもできたらお願いします。励みになります♪
にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしてくださるとうれしいです!


nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:育児

ひそかな楽しみ

数ヶ月前から購読しだした「SUMAI no SEKKEI」(住まいの設計)。夜、プディングが寝て、何もすることがない時に取り出して、眺めるのが目下のひそかな楽しみです。

DSC_5579.jpg

前にも書きましたが、一軒家で生まれ育った私は、どうもマンションという、とかく地上から離れた上空で生活するのに違和感があり、なかなか馴染めません。それに何と言っても無駄なスペースが一切なく、生活がもろに出ていて、子供がいると家の中がぐちゃぐちゃになることも多く、家に人を呼ぶにはいつも気がひけてしまう、っていうのがあります。

そういえば、昔の家って「応接間」っていうのがありましたよね。考えてみたら、今ってありませんね。「応接間」って、客が来なければ無駄なスペースかもしれませんが、考えようにはとてもいいスペースで、普段使わない部屋だからいつもきれいで、突然の来客があっても大丈夫。

先日、知り合ったアパレルのオーナーのお家には、自分たちが普段過ごすリヴィングルームの他に、来客用のリヴィングルームがあるとのことで、ぶっとんでしまいました。しかも20畳ぐらいある・・・・。もちろんマンションでなくて、東京都内の一軒家です。来客用のリヴィングルームがあったら、どんなにいいことか・・・。

まぁ、そんな家を持つことは夢のまた夢だとしても、いつかは小さくても自分たちの住み勝手の良い、理想的な家を建てたいものです。そんな夢を抱きながら、この「SUMAI no SEKKEI」を見て、「あ~、こんな家って素晴らしい。」と思い描いているこの頃です。

ところで、この雑誌、雑誌のオンライン書店Fujisan.co.jpで 購読しているのですが、定期購読をするとSUMAI no SEKKEIのバックナンバー、なんと過去2年分がネット上で読み放題になるんです。パソコンのスクリーン上だとどうしても読みにくいという難点はありますが、好きなページをプリントアウトできるし、また保管に場所をとらないのでお勧めです。

 にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしてくださるとうれしいです!


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

小さな進歩 [子育て]

3歳になってから、ぐぐっと成長を感じられることが多いですが、今日もそんなことが・・。

昨年4月から購読している「こどもちゃれんじ」に付録でついてくる「アートブック」。切ったり、貼ったり、なかなか楽しいのですが、最初はなかなか上手にハサミが使えず、イライラして泣き出したりすることもありました。

でも、今日は静かに一人で作業をしていました。

DSC_5560.jpg

きれいにハサミで赤線の上を切って、糊を裏に貼って、ちゃんと貼っています。本当に小さなことですが、子供にとっては大きな進歩。子供がいくつになっても、こうして少しずつできるようになることを心から嬉しく思い、それを子供に口にして言える親でいたいと思います。

ところで、プディングが使っているハサミ。実は、美容用の先が丸くなっている小さなハサミです。子供用のハサミも買ってみましたが、手が小さく、ハサミがうまく開かないと癇癪起こすので、結局これに落ち着きました。いつになったら子供用のハサミを使えるようになるのか・・・・・。使えるようになったら、また進歩ですね。

 にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしてくださるとうれしいです!


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:育児

ダーリン、またロンドンへ [子育て]

2週間ほどまえに出張から帰ってきたばかりのダーリンですが、今日からまた出張。でも、今回はロンドン・ファッション・ウィークのあるロンドンのみで1週間程度です。ファッションというのは、シーズンで出張が重なります。

いつものように箱崎のTCATまで送りに行こうかと思いましたが、寒かったので、自宅の玄関で見送り。

 

DSC_5558.jpg

今回も現地ではとても忙しいスケジュールですが、今度は無理をしないと宣言して出発していきました。また、前回みたいに「一過性健忘症」になってしまっては大変ですからね。

プディングは、咳も鼻水も治まり、お医者さんから「もうこなくていいよ。」と言われました。完治に一週間以上かかりましたが、無事に治って良かったです。

プディングは、朝昼晩、ご飯をモクモク食べ、良く寝、そして起きている時はずっと喋りまくっています。相手をするのが大変です・・・・。大変だけれど、やっぱり元気なプディングが一番だ!

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしてくださるとうれしいです!


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

♪ハッピー・ヴァレンタイン♪ [子育て]

今朝、一足先に起きたプディングとダーリン。私だけなかなか起きられなくて、ベッドの中でウトウトしていたら、プディングが「マミー、起きて。」と手を引っぱって起こそうとします。あともうちょっと、30分眠れたら・・・、なんて思いつつ、居間に起きていくと、プディングとダーリンが顔を見合わせ、

"Happy Valentine!!!"

と大きな声で言ってくれました。嬉しくて、眠気が一気に吹き飛んだ朝でした。

プディングは鼻水がまだ出ますが、咳はずいぶんと落ち着き、ここ2-3日はずっと平熱でした。家の中にいてもとても元気なので、ヴァレンタイン・ランチをしにグランドハイアットに行くことにしました。いつものフレンチ・キッチンです。

IMG_0817.jpg

今日は、フレンチ・シェフのジョエル・ロブションさんもミーティングのためか、訪れていました。よく食事をしに来られるそうです。

ランチの後、プディングがホテルのロビーで写真を撮ってくれました。ぶれていますが、ちゃんと私たちがフレームに収まっていました。

IMG_0876.jpg

道草せずに、すぐに家に帰ってきたのですが、病み上がりのプディングはとっても疲れた様子。夕飯パクパクを早く食べると、「ぼく、お風呂に入って、寝る。」といって、すぐに寝てしまいました。3-4日ほど全く食べられない日があったので、体が消耗しているのかもしれません。でも、食欲はもとに戻ったので、良く食べて、早くもっと元気になって欲しいな。

今日は、ダーリン、プディング、素敵なヴァレンタイン・デーをどうもありがとう♪

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしてくださるとうれしいです!


nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:育児

幼稚園選びの悩み -区立幼稚園ってこんなもの?ー [子育て]

1月中旬、区立の幼稚園の保護者説明会があり、行ってきました。まず園長先生のお話があり、あとは用具の説明と申し込みで、1時間ちょっとの説明会でした。

どのように一日を過ごすのか、どんなことを学んでいくのか、もう少し具体的な話をしてもらえるのかと思ったら、そういったことは全く触れず、大雑把に「遊びを通して社会性を学ぶ」というものだけ。そして、後の時間は用具の説明とどのように名前を書いたり、はったりするかという細かい説明でした。 気にかかったのは園長先生の冒頭での話。なぜか釘をさすように「うちでは、書いたり、読んだり、数字を教えるようなことは一切しません。」と仰ったこと。何も今話題の横峯方式幼稚園のようなことを期待しているわけではありませんが、「一切しない。」というのは、どういうことなのでしょうか。このことは、後で他のお母さん方とも話題になり、「やっぱり幼稚園だけではだめだから、どこかへ行かせないと・・。」と言いだすお母さんもいらっしゃいました。また、中には、「読み書き等は家や塾でやらせるから、幼稚園は遊ばせてもらえばいい。」というご意見のお母さんもありました。

実際、こちらの 幼稚園に子供が通っているというお母さんに、本当に何も文字や数字を教えることをしないのですか、と聞いてみると、首をかしげ「たぶん何もやっていないと思いますよ。」との答え。きっと幼稚園で何をしているのかが、知らされていないに違いありません。幼稚園ってこんなものなんでしょうか・・。

小学校からきちんと文字を教えてもらえばいいですが、ひらがなのほか、漢字も出てきて、夏の宿題には早くも作文も書かされるような現在のカリキュラムを見る限り、幼稚園時代に何もしないと子供が大変な目に合うのは見えています。私の父は、小学校の校長まで勤めましたが、その父でさえも、「小学校では、懇切丁寧に文字を教えない。」と言いきっています。つまり、もし幼稚園が何もしないのであれば、親がその責任を担わないといけないわけです。ただ、全ての親に時間と金銭的余裕があるわけではなく、出来る親のみが子供に教育するということになります。だからこそ幼稚園では、全ての子供を平等に、また小学校へ行っても困らないように、もう少し踏み込んで「教えていく」ことが必要ではないかと私は思うのです。また、3~5歳くらいは右脳が発達していて、どの子供も色々なことを天才的スピードで覚えていく時期でもあります。 

先日、日経新聞の夕刊を読んでいたら、お茶の水女子大学名誉教授の外山滋比古先生が、興味深いことを書かれていました。「今の教育制度そのものが古いのである。年齢が上がるにつれて重要なことを教える建前をとっている。幼稚園で教えることがはっきりせず、それ以前は家庭に委ねられている。~省略~ 最も習得能力の高い生まれた直後何もしないのは間違っている。最も大事な教育が出来なくてはいけない。ごく幼い子は素晴らしい力を持っている。~省略~ 最大能力のあるゼロ歳児を基底とし大学を頂点とするピラミッド型教育は自然の理にもかなっていると思われる。」 私は先生の意見に賛成です。

もう20年近くも前になりますが、私が通っていた幼稚園は、仏教系の普通の子供が行く私立幼稚園でしたが(私の生まれ育った名古屋では市立幼稚園はとても数が少ないので、ほとんどの子供は私立に通います)、その時でさえ、言葉をその都度教え、絵本からひらがなの「あ」を拾う、というようなことをしていました。また、今の市販のドリルにあるような、鉛筆での線引きの練習をして、私はそれが楽しかった覚えがあります。

そんなことがあって、今更ですが、このまま区立の幼稚園に入れるのがいいものか疑問に抱き、他の幼稚園も見てみることにしました。プディングがRSウィルスに感染する直前にことですが、英国系のインターナショナルスクールのスクールツアーに行ってきました。長くなるので、続きはまた今度・・・。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしてくださるとうれしいです!


nice!(4)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

ブラームスはお好き [音楽]

プディングですが、今日は一日熱を出すことなく過ごすことが出来ました♪ そして、ご飯も食べてくれるようになり、顔色も良くなってきました。咳の頻度も減り(とはいえ、しだすと止まりませんが)、鼻水の量も減ってきました。もうしばらく家で過ごすと大丈夫かな・・、といった感じです。 

ところで、プディングは音楽が好きですが、なかでもクラシックが好きで、好みもはっきりしています。

そんなプディングに先日カラヤン指揮のCDを買ってあげました。

序曲・前奏曲・間奏曲集

序曲・前奏曲・間奏曲集

  • アーティスト: カラヤン(ヘルベルト・フォン),モーツァルト,ベートーヴェン,ウェーバー,メンデルスゾーン,ワーグナー,J.シュトラウス,ロッシーニ,ヴェルディ,オッフェンバック,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2003/09/26
  • メディア: CD

カラヤン/グレイテスト・ヒッツ

カラヤン/グレイテスト・ヒッツ

  • アーティスト: スメタナ,オッフェンバック,ホルスト,シベリウス,グリーグ,ブラームス,ビゼー,スッペ,カラヤン(ヘルベルト・フォン),ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2007/12/12
  • メディア: CD
プディングのお気に入りは、
  • ハンガリー舞曲 第5番(ブラームス)
  • カルメン前奏曲(ビゼー)
  • 喜歌劇軽騎兵序曲(スッペ)
  • 喜歌劇天国と地獄序曲(オッフェンバック)
  • 歌劇ウィリアムテル序曲(ロッシーニ)
  • 歌劇どろぼうかささぎ序曲(ロッシーニ)

など・・・。このようにとても元気のいい、アップリフティングな曲ばかりです。ミサのような曲だと、「暗いからやめて。」といわれてしまいます。

そして、自分の気に入った曲が聞こえ始めると、遊ぶのをやめて、大急ぎでソファの自分のお気に入りの場所に座って、じっと耳を傾けます。こんな↓感じです。(写真は体調を崩す前のものですが)

DSC_5378.jpg

気分がのると、クラッシックに自作の歌(意味不明)をつけて、一緒に歌うこともあります。 

今度、本格的な生のオーケストラ演奏を聞かせに連れて行ってあげたいと思うのですが、なかなか日中、未就学児を入れてくれるようなコンサートって日本はないですねぇ。どなたか良い情報をお持ちでしたらお教えください。

そういえば、英国ロイヤル・オペラが今年の秋18年ぶりに来日しますね。「マノン」と「椿姫」を上演する予定のようです。プディングを連れて行ってあげたいと思うのですが、3時間に及ぶ上演は、いくら音楽好きのプディングにとっても長いなぁ・・・。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしてくださるとうれしいです!


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

なかなか下がらぬ熱 [子育て]

これ、ソファの上に毛布をかぶせて作った「テント」です。

DSC_5532.jpg

・・・・で、この中で何をやっているかといいますと・・・・・

続きを読む


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

RSウィルス感染 その後 [子育て]

RSウィルスに感染したプディングの病状経過です。

昨日、2月9日(火)朝の体温は38℃。それでもプディングは元気で、さすがに走り回ることはありませんでしたが、家の中で遊ぶ余裕がありました。相変わらず咳と鼻水がひどく、自分で鼻水をかもうとしないので、再度昼に耳鼻咽喉科を受診。行った時間が良かったため、待ち時間ゼロですぐに診てもらうことが出来ました。鼻水を取ってもらいましたが、それはそれはものすごい量が出てきました。あ~、連れて行ってよかった・・。

プディングも気分が良くなったのか、その後昼ご飯を食べたいと言い出しました。朝ごはんをろくろく食べなかったので、これはチャンスと「何が食べたいの?」と尋ねると、「お茶漬け」  耳鼻咽喉科の近くにお茶漬け専門の店があり、以前行ったことを覚えていたようです。なので、早速そこに行って、お茶漬けを注文しました。プディング、初めてまともにご飯を口にしました。食べている姿を見ているだけで嬉しくなります♪

すぐに自宅に帰って、プディングを寝せようとしましたが、なかなか寝ず。一緒にソファでゴロゴロしていたら、ようやく午後3時に眠りにつきました。午後5時に一度目を覚ましたのですが、とてもぐったりしています。熱を測ると39.3℃!解熱剤を飲ませると、またすぐに寝てしまいました。

その後、午後7時に「マミー、お水」といって起き、ごくごく水を飲のみ、またすぐに眠る・・・。午後11時に薬を飲ませるために起こし、汗でびしょびしょだったので、着替えをさせるとまたすぐに眠って、結局次に起きたのは翌朝の7時半!!昼ご飯を食べたのみで、午後3時から翌日の朝7時半まで、なんと16時間半寝続けました。

朝起きるといつものプディングで、かなり元気になったようです。今日は一日比較的よく食べ、鼻も自分でかみ、熱も37.3℃程度で落ち着いていました。ただ、やはり顔色が悪いのと、一時期よりよくなったもののひどい咳があります。

でも、日曜日や月曜日の時とは比較にならないほど回復しました。後は、よく食べて寝てくれれば、いつもの元気なプディングに戻ってくれると思っています。

・・・・と嬉しく思っていると、今度はダーリンが鼻をズルズル・・・・・。ダーリン、体、弱すぎです(ため息・・・)。

DSC_5528.jpg

↑今朝起きて、クラシック音楽を聴いているプディングです。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしてくださるとうれしいです!


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

RSウィルスに感染 [子育て]

先週木曜日辺りから喉の痛みを訴え、耳鼻咽喉科で処方された薬を飲んでいたプディングですが、症状は重くなる一方。土曜日の夜からは熱が39℃になり、日曜日にはひどい連続的な咳が止まらず、また熱も39℃を下がることがありません。よほど救急に駆け込もうかと思ったのですが、月曜日の朝一番にかかりつけの小児科に行って診てもらいました。

耳鼻咽喉科で頂いた薬には、抗生物質も含まれていたのですが、それを飲んでも症状が悪化しているということで、まずは新型インフルエンザの検査をしました。結果は陰性。胸の音を聴診器で聴いても、特に雑音は聞こえないとのことでしたが、このような場合でも肺炎を起こしている可能性もあるとのことで、大きな病院へ行くようにと紹介状を渡されました。

朝早かったので、そのまま大病院へ直行。先週のダーリンに引き続き、今度はプディングを連れてくるはめになってしまいました。こちらの病院は、プディングが生まれた病院で、行ったその日の小児科の外来には、幸い赤ちゃんの頃検診でお世話になった女医さんがいらっしゃり、診て頂くことができました。

早速レントゲンを取ったところ、肺炎の初期症状とのこと。素人が見ても、白く靄がかかったようになっていました。そして、さらに血液検査、鼻水と喉からの菌をとる検査を受けました。結果次第では入院とのこと・・・。朝早く行ったのにもかかわらず、検査結果が出るのは一時間後とのことで、再度診察を受けたのは午後1時。

・・・・で、結果は「RSウィルス」への感染。RSウィルスは、その辺にいるウィルスで、大人がかかるとただの風邪ですが、幼児や赤ちゃんがかかると重症化するという怖いウィルスです。詳しくは、こちらを。

プディングの血液検査結果を見てみると、思ったほど白血球の数も上がっておらず、また炎症反応もでていないので、入院しなくてもよいとのことで、ホッとしました。RSウィルスに感染したもっと小さな赤ちゃん等は即刻入院らしいです。

でも、即刻入院というのもよくわかります。とにかくひどい咳で、一回出ると連続して肺から込み上げるような咳になってしまうので、呼吸困難に陥ってしまうのです。プディングの場合も、血中の酸素度をみてみると、一般値よりもやはり低い状態になっていました。3歳4カ月のプディングかかってもこんなにひどくなるのに、このウィルスに赤ちゃんの時にかかったらどうなるのだろうか・・・、と恐ろしくなりました。

また、鼻水もひどいので、これまた呼吸をしにくくする要因となります。鼻水をかもうとすると咳がでるので、プディングも「はな、かまない!」といって泣き出す始末です。なので、昨日、「RSウィルス」診断をうけ、薬をもらったのがすでに3時でしたが、そのまま今度はかかりつけの耳鼻咽喉科へ行って、鼻水をとってもらいました。

RSウィルスを殺す抗生物質がないとのことで、薬はあくまでも対処療法でしかありません。また、熱もすぐにさがるものではないようで、39℃の高熱から徐々に38℃、37℃台になって、ゆるやかにへ熱にもどるようです。さらに咳も長引くようで、治った後も敏感性の咳が続くといわれました。

今日も夕方から熱が39℃になり、咳も続いてとても苦しそうです。顔を真っ赤にし、時々吐きそうになるくらい咳込み、寝ている最中にうわごとを言っている姿を見ていると涙が出てきます。

明日、まだ熱が引かなければ再診するようにいわれています。熱はともかく、この咳がなんとかなるといいんですが・・・・。

とにかく元気がなく、一日中寝ているプディングです。

DSC_5518.jpg

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしてくださるとうれしいです!


nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

ダーリン、出張帰国後病院へ [子育て]

なんだかすっかりご無沙してしまったこのブログ・・。1月2日の更新から一カ月ぶりの記事のアップです。いつも書こうと思うと何かやらなければならないことができたり、時間があっても疲れて書く気力がなかったり・・・。

で、この一カ月、何をやっていたかをダイジェストで書きますと・・・・

1月第2週  

ここ1-2か月調子が悪かったパソコンが全く起動しなくなり、修理に出す。使い始めてわずか1年弱。保証期間中だったので、すぐに修理をしてもらい、1週間でもどってきました。故障の原因は、パソコンを冷やす冷却部分にたまったホコリらしいです。修理内容の紙には、「ホコリの多い場所での使用は控えてください。」  でも、毎日ちゃんと掃除をしている自宅で、フツーに使っているのですよ。それって、パソコンの構造自体に問題があるか、もともと何か不具合があったのでは・・??、と疑っている私です。

1月第2-3週

ダーリンが、ロンドン、フィレンツェ、ミラノに出張。 この間、3日ほど実家の両親が遊びに来てくれました。両親が家に着くやいなや、プディングはおもちゃにピアノやドラムセット等を出してきて、「強制的」に演奏させました。プディングにバンドの名前をたずねたら、「Powder Pink!」と即答されました。・・・・・どこからそんな名前が出てきたのか不明。

DSC_5352.jpg

1月第4週

ダーリンが風邪を引いて帰国。スーツケースの半分は、プディングへのお土産でした。

DSC_5419.jpgDSC_5442.jpgDSC_5418.jpg

無事の帰国を喜んだのもつかの間、帰国後3日目にダーリンが大変なことになってしまいました。その日、自宅の最寄り駅近くのカフェで、ある人と会う約束をして、出向いたダーリン。1時間半ほど経ち、家に電話をかけてき時はてっきり「帰るコール」かと思いきや、何だか様子が変。最寄り駅の交差点あたりにいて、どこに自分が立っているのかは分かっているのですが、どうしてそこにいるかが分からないようで、私に尋ねるのです。私が、「xxさんとそこのカフェで会っていたでしょ。」と言ったら、「誰それ?」とダーリン。自分は打ち合わせをした記憶がないといいます。自宅まで徒歩圏内なので、家に帰ってこれるかとたずねると、「今から帰る。」と普通に答えたので、待っていると10分くらいしてまたダーリンからの電話が・・。てっきりマンションの下にでもいるのかと思って、どこにいるかと尋ねたら、また最寄り駅のある交差点にいる、と答えるではないですか!もうそれを聞いて普通でないと思ったので、とにかくダーリンを交差点近くのカフェで待っているように指示し、プディングと二人で車で大慌てで迎えに行きました。そして、ダーリンを拾って、そのまま病院の救急に直行しました。

ダーリンですが、とにかくミーティングをした記憶もなく、その日の日付はおろか、何月であるかも分からなくなっていたのです。ただ、過去のことや私やプディングが誰であるかは分かり、自分の生年月日や名前もいうことができます。 

救急では、幸いなことにすぐに見てもらえ、脳のCTスキャンや血液検査等、出来る検査を全てしてもらいましたが、異常は見つかりませんでした。救急にいる間にようやく普通になってきて、自宅にもどってもいいことになって、帰宅したのが夜の11時過ぎ。

翌日、再度外来で脳神経内科を受診し、専門医の診断は、「一過性健忘症」でした。極度の疲労、寝不足、ストレス等により、脳内の血管が収縮し、虚血状態になると記憶をつかさどる「海馬」という部分に影響がでることがあるそうです。ただ、詳しい原因はよくわかっていないとか。「海馬」という記憶装置が一時的に停止になっている状態は、長い記憶は保持できず、停止状態の間の記憶…ダーリンの場合は4時間程度・・・は、一生にわたって失われるそうです。一過性健忘症の典型的な症状としては、同じ質問を繰り返すということ。実際、病院に向かう車中、この間15分程度なのですが、3-4回くらい「どこで僕をひろってくれたの?」という質問をダーリンにされました。つまり私が説明すると、その間は納得しているのですが、記憶が恐らく3-5分程度しかもたないので、また同じことを聞きなおすということが起こると考えられます。

年齢の割に元気なので、病院にかかることもほとんどないダーリンですが、これを機会に年に一度は健康診断をすることに自分で決めたようです。やはり過度の疲労はよくないですね。

photo (12).jpg

それにしても、プディング、病院の救急ではとても良い子でした。お腹が空いていたのにもかかわらず、夜8時過ぎまで「ぼく、ごはんいらない。」とダーリンのそばを離れかったので、説得して売店の弁当を食べさせました。お腹が膨れたら睡魔がさして、抱っこしているとすぐに寝てしまいました。夜11時に家に帰ってもよいという指示が出るまでは、ダーリンと同じベッドで寝せてもらい、寝たまま自宅に帰ってきました。

1月第5週

ダーリンの健忘症の一件で、相当心身が疲れたためか、私がひどい風邪を引いてダウン。何もやる気なし。

2月第1週

今度は、プディングが私の風邪が移り、ひどい咳をしています。特に夜中の咳がひどく、目を覚ましてしまうほど。それに熱も・・・。この風邪、もともとと言えば、ダーリンがイギリスから持ち帰ったものです。まったくダーリンったら・・・・。


そんなこんなで慌ただしくしていたこの一カ月。仕事では、最近プレゼンテーションを作らなければならないことが多く、なかなか時間が取れません。4月からは、プディングの幼稚園がはじまり、準備しなければならないことがあるのに、一体いつするんだろう・・。幼稚園と言えば、区立の幼稚園に一応決めたものの、何となく方針とか色々と不安になることもあり、やっぱり見直そうかと思ってみたり・・。これについては、時間があればまた書きたいと思います。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしてくださるとうれしいです!


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。