So-net無料ブログ作成

ナーサリーのウェルカム・コーヒー・モーニング [ナーサリー(年少)]

今日は、プディングの通うナーサリーに初めて入学する新入生とその保護者を対象にした集まりがあったので、行ってきました。保護者や子供同士が、ナーサリーが始まる前に顔見知りになれるようにというのが主な目的です。

狭い体育室に大勢が集まったので、暑い、暑い・・・。中にはアイルランドやスイスから日本に転勤してわずか2週間足らずという親子もおり、日本の夏が暑くて仕方がないといった感じでした。今日の気温は33℃と連日の猛暑はややゆるいだものの、湿度が高かったため、より暑く不快でした。

ナーサリーのクラスは、3組あり、プディングのクラスは13名。うち何と女の子が8人もいます。他の2クラスは、それぞれ12人のクラスですが、どちらも女の子の方が多いのでちょっとびっくりでした。でも、女の子が多いので、大人しく、落ち着いたクラスになるかもしれません。プディングは騒がしいのが苦手なので、この方がいいかも。

かなりの子供がプディングのような日本人とのハーフですが、ほとんどの場合、母親が日本人です。そして、やはり母親の母国語を反映して、子供は日本語の方が得意のようです。プディングは今のところ、若干日本語の方が強いものの、英語も日本語に劣らないので、ちょうどいい具合にバイリンガルになっています。でも、英語でのナーサリーが始まると英語の方が日本語に勝ってくるのではないかとちょっと心配をしています。

クラスの主担任は英国人、そしてアシスタントの先生は日本人です。今日、先生に会えるかと思ったのですが、先生との対面は来週の月曜日だそうで、その時に先生に子供に関する心配事等を話したりすることができるそうです。

クラスが正式に始まるのは、来週の火曜日から。お弁当を持って、フルタイムでいきなりはじまります。お弁当を用意して、朝遅くとも8時には家を出ないと遅刻するので、親の私たちにとってもチャレンジです。遅刻は、レポートに記載されてしまうのでご法度。この辺り、日本の幼稚園とはずいぶん違います。給食やケータリングの設備がないので、お弁当は毎日作らなければなりません。毎日なので、どうやって乗り切るか・・・・。お弁当の本やあれこれ道具も買って用意してありますが、実際にやってみないとわかりません。

今日のプディング、知らない人が沢山いたのだけれど、とっても落ち着いていました。4月に通っていた区立の幼稚園とは雰囲気が違うようで、親が見ていても、やっぱりこちらの方の空気があっていると感じます。

ところで、今晩は自宅近くで夏恒例の盆踊りがあり、家族で行ってきました。「しまじろう」の妹の「はなちゃん」(ぬいぐるみ)に盆踊りを見せるのだと、はりきって行ったプディング。こういうところがまだ幼くてかわいいなぁ・・・。

盆踊り.20100827.2.jpg

子供向けの店も出ていて、おもちゃの魚すくいに挑戦しました。プディング、満足。

盆踊り.20100827.1.jpg

1時間ほど盆踊りを楽しんで自宅に戻り、お風呂に入った後、プディングはコテンと寝てしまいました。今日は新しいことをしたので疲れたようです。今週末はゆっくりとし、来週からの新生活に親子ともども慣れないと・・・・。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

ナーサリーの制服(春夏用) [ナーサリー(年少)]

前にもちょっと書きましたが、ナーサリーの制服が届いたものの、ズボンのウエストがあまりにも大きかったので直しが必要でした。ウエストが、プディングのウエストよりも7センチも大きいのです。自分で直そうかと思ったのですが、最近の既製品はゴムの部分までしっかりミシンで縫ってあって、普段裁縫をやりつけていない私がやるとものすごく時間がかかりそうだったので(というか、見ただけでやる気がなくなったというか・・・)、仕事で取引のある直し屋さんでやってもらうことにしました。

先日、それが出来あがったので、制服を全部着せてみました。春夏の制服はこんな感じです。

制服.20100820.jpg

ゴムを入れ替えただけで、脇を詰めていないので、キュロットのようになってしまいましたが、ズボンはこれで落ちなくなりました。色は全て紺。校章も何もついていない紺のポロシャツに綿の半ズボンです。なんだか探検隊のような制服だなぁ・・・。秋冬服は、このポロシャツが長袖になり、ズボンはスウェット生地の長ズボンになります。

頼んでいた靴もきたし、その他必要なものも全て揃ったので、後は名前を付けるだけ。名前の付け方や付ける位置の指示もないので簡単です。今週まとめて一気につけようと思っています。

しかし、こうして制服を着て学校へ行くなんて、ついこの間生まれたばかりだと思っていたのに大きくなったなぁ。大きく成長するのが嬉しい半分、だんだん幼児のかわいい時期が過ぎて行くと思うとちょっぴり寂しくも思います。でも、ナーサリーでは沢山のことを学んで、一回りも二回りも成長するんだろうなぁ。ナーサリーが始まるのが楽しみです。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

トーマスランドの新アトラクション [子育て]

今年の夏は猛暑だし、ちょっと涼しい軽井沢とかに行きたいなぁ、と思って色々と宿を探していたんですが、なかなかこれはと思う宿がなく、よさそうかな、と思う宿はハイシーズンでものすごく高い・・・。

・・・で、どうしようかと悩んでいるところにプディングが一言。「ぼく、トーマスランドに行きたい。」その一言で、箱根に決定。なんだかワンパターンな我が家の旅行・・・。

トーマスランドですが、今年7月23日から新しいアトラクションが三つ導入されました。まず一つ目は、ジェームスのライド。レディが引退し、そのかわりにジェームスがやってきました。ボディがピカピカです。

thomasland.20100818.1.jpg

そして次が3Dシアター。入り口には、こんな大きなヒロがいました。3Dシアターは、幼児でも見れるように作られているので、あまり浮き上がって見えません。ちょっぴり残念。

thomasland.20100818.2.jpg

最後はバルストロードのライド。波に乗っているように船が動くのですが、これまた幼児でも乗れるようになっているので大人には全く迫力がありません。ディズニーランドで動きの激しいライドに慣れているプディングも、ちょっと拍子抜けだったようです。

thomasland.20100818.3.jpg

まぁ、でも、新しい乗り物に乗れて、プディングは大満足だった様子。

トーマスランドの後は、定宿へ。トーマスランドを午後4時半に出たのですが、夏休みで途中道が混み、渋滞を抜けるのに時間がかかってしまいました。渋滞を抜けた山道では、ダーリンが猛スピードで運転し、6時に到着。車を降りたら、ゴムが焼けたような匂いがしてきました。タイヤの焼けた匂いです。どうしてダーリンがそんなに急いだかというと、お酒飲み放題のハッピーアワーが夜7時で終了になるためです。こんなことでレーサーのように車を走らせるなんて、まったくイギリス人だ・・・。

ラウンジでいつものように夕食をとったのですが、7時になるまで絶え間なくお酒を飲んだダーリン。その脇では、プディングが一心不乱にブロックで創作をしていました。

thomasland.20100818.4.jpg

プディングのナーサリーがさ来週からはじまるので、夏休みはあと1週間を残すのみ。この一週間、どうやって過ごそうかな・・・。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

Midtown water works 2010 [子育て]

ここのところ東京はうだるような暑さです。今日なんか、後で天気予報で知って驚いたんですが、38℃弱ありました。明日はきょうより涼しく35℃程度の予想・・・。

しかし、こうも暑いと外出に困ります。公園なんかで遊ばすのは、熱中症が怖いし、そうかといってずっと家の中にも閉じこもることができないし、なかなか動き盛りの子供がいると大変です。

でも、猛暑にぴったりのイベントを見つけ、この間の日曜日に行ってきました。東京ミッドタウンで開催中のMidtown water works 2010です。8月29日までの間、夜7時半と8時半の2回、水と光のパフォーマンスをやっているのですが、先週はお盆休みということもあって、子供向けに昼間に水のパフォーマンスを開催されたのです。

ミストと高さ約10mに達する噴水「小型ウォーターキャノン」が芝生広場中央の「スプラッシュエリア」めがけて発射されます。

こんな感じです。

tokyomidtown.20100815.4.jpg

プディングも大喜び!!

tokyomidtown.20100815.5.jpg

しかし、付き合った私とダーリンは頭から水をかぶり、全身びしょびしょ・・・・。

tokyomidtown.20100815.3.jpg

10分程度のパフォーマンスが終わり、人が去っていくと、プディング、ここぞとばかり泥の中を走りまわり出しました。新しい靴がもう泥だらけ・・・。

tokyomidtown.20100815.2.jpg

しかし、このイベント、子供たちだけでなく大人もワーワー言ってたのしんでいました。もちろん私たちも。子供がいなきゃ、東京ミッドタウンなんかでびしょびしょになろうとは思わないだろうなぁ・・・。子供の楽しむパワーってすごいですね。

服を乾かしがてら、すぐ脇のBacardi Midtown Cafeで一休み。プディングはウーロン茶を飲んでいます。私たちはカクテルを頼んだんですが、ほとんどお酒がはいっていないんじゃない?、ってくらいジュースのような飲み物でした。

tokyomidtown.20100815.1.jpg

ミッドタウンの中では、台紙をもらい、それにタウン内のあちらこちらに設置されているスタンプを探して押すという子供向けのイベントもやっていました。プディングも挑戦。すごく楽しんでやっていました。

tokyomidtown.20100815.6.jpg

なんだかこの暑さ、もうしばらく続きそうですね。プディングのナーサリーが始まるまでもう少し。さあ、それまでどうやって過ごそうか・・・・・・・。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:育児

機関車トーマス「ソドー島ツアー」 [子育て]

先日、池袋サンシャインシティで開催中の機関車トーマス「ソドー島ツアー」に行ってきました。朝10時の開場に合わせて10時ちょうどに着いたのですが、すでに外にまで行列が・・・!!初日の上、お盆休みの土曜日だったので仕方がありませんね。

thomas-ikebukuro.20100814.8.jpg

でも、流れがよく、結構すんなりと会場に入ることが出来ました。入り口付近には、ヒロやトーマスの模型が置いてあり、写真を撮りたい家族でごった返していたので、奥の方に入っていきました。

よくショッピングセンター等で見るミニチュアサイズのトーマスはありましたが、今回は大型の乗り物がなくちょっとがっかりです。

でもプディング、他に色々な遊びを見つけ、挑戦していきました。まずは、これ。ちょっと前に六本木ヒルズでやったドラえもんと同じやつです。集中してやっぱり口がとんがってしまうプディング・・。

thomas-ikebukuro.20100814.2.jpg

できあがりに満足。

thomas-ikebukuro.20100814.3.jpg

そのすぐ後ろでは、フェイスペイントをしてたのですが、プディング、これをどうしてもやりたいというのでやらせました。

thomas-ikebukuro.20100814.4.jpg

プディングが好きなイギリスの幼児番組「Peppa Pig」の一話に、スクールフェスティバルで先生が子供たちにフェイスペイントをするのがあったのですが、それでやってみたかったのだそうです。プディング、これまた満足。

thomas-ikebukuro.20100814.5.jpg

そして、限られた時間内で形を合わせるパズルをし、

thomas-ikebukuro.20100814.6.jpg

立体のパズルもし、

thomas-ikebukuro.20100814.7.jpg

「ふわふわ」で一杯跳ね、

thomas-ikebukuro.20100814.10.jpg

ボールのプールでも遊び、

thomas-ikebukuro.20100814.1.jpg

それはそれは堪能しました。このイベント、2年前にも同じ場所であったのですが、その時はまだ2歳ということもあって、こんな風には遊ぶことができませんでした。 

それにしても、プディング2年前に比べてうんと大きくなりました。トップハムハット卿の前で撮った同じアングルの写真があるのですが、それと比べても一目瞭然です。2年前の写真はこちらを。

thomas-ikebukuro.20100814.9.jpg

10時に行って、結局1時過ぎまで遊んでいました。またしてもヘトヘトになったダディとマミーです。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:育児

ついに生まれたっ! [子育て]

イギリス時間の昨日午前、ダーリンの長女の子供が生まれました。イギリスのDJ 故ジョン・ピール氏の長男と2年前に結婚した、あの長女です。その時の記事はこちらを。

予定日を2週間過ぎても生まれず、陣痛促進剤を使って頑張りましたが、それでも生まれず、ついに帝王切開となって生まれてきました。2週間余分にお腹に入っていただけあってビッグです。9ポンド近く、グラムでいうと4000グラムです。でかっ!!これだけ大きいと、普通の分娩では難しかったかも・・。プディングはわずか2300グラムで生まれているので、プディングが1カ月頃と同じくらいの大きさです。

jump.20100812.jpg

性別は男の子で、名前はこれからだそうです。あ~、赤ちゃんってかわいいですね。

ダーリンにとっては初めての孫。めでたくグランパになりました。そして、プディングはこの赤ちゃんからするとおじさん。約4歳しか離れていないおじさんです。将来会った時、この赤ちゃんがダーリンを「グランパ!」と呼ぶのを聞くと、一体プディングはどういう反応をしめすのでしょう・・・??

いずれにせよ母子ともに無事で良かったです♪

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

興奮さめやらず・・ [子育て]

先週観に行った「トイストーリー3」。あれ以来ずっとプディングの頭の中は、「トイストーリー」で一杯です。とっても気に入ったようなので、Youtubeで「トイストーリー1&2」を見せました。「トイストーリー2」には、ディズニーランドのアトラクション「バズライトイヤーのアストロブラスター」にも登場する「ザ-グ」(バズと戦う悪役のロボット)がいるので、それを初めて見たプディングはまた大興奮。

先日行った佐野プレミアムアウトレットのレゴショップでは、入り口を入ると「トイストーリー」のブロックがずらーっと並んでいました。そして、その中からザ-グの箱を取り、「ぼく、これほしい。」と手から離さず・・・・。でも、これちょっと年齢が高く5-7歳用。パーツも細かく、組み立てるのが大変だと話しても、「ぼく、できる!」とやはり箱を手を離さず。他のduploのものを見せても、「ザ-グがいい。」。

Zurg.20100811.2.jpg

根負けして、結局お買い上げ。帰りは、ずっと箱を自分の手に持って歩いていました。時折立ち止まり、箱をしげしげと眺めています。

Zurg.20100811.3.jpg

組み立てはダディ担当。パーツが細かいので、プディングではまだ無理です。

できあがったザ-グをいきなりダディに持たせ、自分は先月ディズニーランドに行ったときに買ったアストロブラスター(光線銃)を手に持ち、ザ-グと戦うプディング。ザ-グは逃げ回り、プディングは家中を走り回ります。

Zurg.20100811.1.jpg

私もザ-グを持たされプディングと戦わせて頂きました・・・。もうずっとこんな調子で、毎日毎日長時間遊んでいます。ダディとマミーはへとへとです。

降参・・・・・・・。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

六本木ヒルズのキッズイベント [子育て]

先日、六本木ヒルズに行ったら、アリーナでボーネルランドの「アクアプレイ」という玩具のプロモーションを兼ねたイベントが行われていました。

アクアプレイは、「遊びながら学ぶ」をコンセプトに、物が浮かぶこと、沈むこと、水の流れをつくるということ、浮力の働きなどを、遊びの中から水について学ぶことができます。運河の国、スウェーデン生まれの玩具です。

BorneLund(ボーネルンド) アクアプレイ カナルロック Newドックセット

BorneLund(ボーネルンド) アクアプレイ カナルロック Newドックセット

  • 出版社/メーカー: アクアプレイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

ボーネルランドのショップで、この玩具が展示されているのですが、ほとんどの場合水が入っていることはありません。でも、プディング、水がなくても船を走らせたりしていつも遊んでいました。なのでこの日これを見つけて大興奮。1時間くらい遊び続けていました。シャツとお尻は濡れてしまいましたが、プディングは堪能したようです。

Grandhyatt.20100807.2.jpg

そして、広場脇にあるテレビ朝日のイベントスペースでは、ドラえもんのショップ「ドラや」があり、ドラえもんグッズの販売や子供向けのイベントをやっていました。

プディングがやりたいと言い出したのが、ドラえもんに色を塗り、それを後で熱で固めてビニール状にするというもの(熱で固めるのはお店の人がやってくれます)。でも、テーブルについてやっている子供は、全て6-8歳くらいの子供。プディング、最近こういったイベントで、このくらいの子供がやっているのを見ると「ぼくだって、できる。」とやりたくて仕方がなくなるんです。

見本にあるドラえもんの色をみて、同じ色を選び、黒いビニールの枠内に塗料を塗っていきます。見てください、プディング真剣。口がぶ~ってなっているでしょ。

Grandhyatt.20100807.5.jpg

ドラえもんに色を付けている間、プディングの口が普通になることはありませんでした・・・。しかし、子供って、真剣になるとどうして口がとんがるんでしょうね??

Grandhyatt.20100807.4.jpg

プディング、出来あがったドラえもんをみて、「そっくりにできた。」と自慢げでした。

Grandhyatt.20100807.3.jpg

帰りは、けやき通り通って駐車場に戻ったのですが、その途中でいつもプディングが遊ぶ場所がこれ↓ インテリアデザイナー内田繁さんデザインの椅子です。

Grandhyatt.20100807.6.jpg

滑り台のように滑って遊んでいます。

Grandhyatt.20100807.7.jpg

夏休み中は、本当にたくさんの子供用のイベントがありますね。なかなか楽しいものが多いので、見つけたらドンドン行ってみようっと。

---おまけの記事---

六本木ヒルズで、タレントの西田ひかるさんを見つけ、偶然にも一緒のエレベーターに乗りました。お母様とお子さん二人が一緒でした。西田さんといえば、アメリカからの帰国子女ですが、エレベーター内で子供に英語と日本語のちゃんぽんで話していましたよ。普段テレビで見る時は、きちんと日本語で話しているのしか見ていないので、日本語と英語のちゃんぽんは新鮮でした。ダーリンは、西田さんが有名人だとは知らず、「お子さん、かわいいねぇ。」なんて英語で話しかけていましたが、後で私が有名人だと教えると、「えっ。ものすごく普通の人だね。」 家に帰ってから西田さんのブログを見つけ、ダーリンに今日会った人だと教えると、「う~ん、全然違うっ!」 確かにものすごく普通の子連れのお母さん、って感じでした。ちなみにブログにも記事がアップしてあったんですが、この日は子供を連れて恐竜展へ行ったそうです。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね!


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ウォーキング・ウィズ・ダイナソー [子育て]

昨日、上演中のウォーキング・ウィズ・ダイナソーを見にさいたまスーパーアリーナまで行ってきました。

「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー」は、もともと英BBCが制作し、全世界で大ヒットした恐竜ドキュメンタリーです。このTVシリーズをベースにし、オーストラリアの会社がエンターテイメントショーにしたのが今回の「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー」。2007年1月から3年間で世界18カ国142都市で上演され、全世界で500万人以上が体感。今年7月より、全国7都市で日本初となるジャパンツアーがスタートし、昨日は埼玉公演でした。

プディングには、前日、「明日は、ダイナソーを見にいくよ。」と言っておいたので、朝からワクワク。早めに自宅を出たはずが、途中渋滞に巻き込まれてしまったので、会場に着いた時は開演時間をちょっと過ぎていました。

会場に入ると暗い上、いきなり恐竜の声が響き渡っていたので、プディングはちょっとびびっていましたが、すぐに慣れて真剣なまなざしでみていました。内容もBBCらしく、教育的でとても良かったです。

それにしても、この恐竜たち、実寸大にとても良く出来ていて、まるで生きているかのようでした。プディングが気に入ったのが、恐竜の中でも最大級のブラキオサウルス。草食系なのが気に入った理由のよう。草食だと食べられないからだそうです。

Walking with dynasaur.20100806.4.jpg

途中、20分の休憩を挟んで第2部が始まり、ショー終わり近くになるとティラノサウルスが出てきてクライマックスを迎えました。

・・・・が、こんな場面で、気がつくとプディング爆睡!!!

Walking with dynasaur.20100806.3.jpg

あまりにも張り切り過ぎて電池が切れたか・・・。でも、相当な音量で恐竜の鳴き声が響き渡る中、良く寝られるなぁ・・・。プディングが寝ている間のショーは、こちらを。↓

ショーが終わり、観客の拍手が沸き起こったところでプディングはお目覚め。元気を取り戻し、帰宅の途につきました。車の中で、ショーの合間に買ったブラキオサウルスともともと持っていた恐竜を持って、盛んに遊んでいました。まぁ、しかし、買える道中、ずーーーーーっと話しっぱなし。話の相手をするのも大変だ・・。

Walking with dynasaur.20100806.2.jpg

自宅に戻り、マンション前の木から葉っぱをむしりとって、何をしているのかと思ったら、ブラキオサウルスに葉っぱを食べさせ始めました。草食だからね。

Walking with dynasaur.20100806.1.jpg

部屋に戻ってからは、レゴを持ち出し、何かを作っていると思ったら・・・

Walking with dynasaur.20100806.5.jpg

「ウォーキング・ウィズ・ダイナソー」のショーだそうです。なかなかうまく出来ているなぁ、と感心。

ところで、写真に写っている小さな黄色の恐竜。これが、先日六本木ヒルズの恐竜展で買った卵からかえった恐竜です。水を含んで大きくなるので、水から出したら見る見るうちに縮んで、こんなに小さくなってしまいました・・。偶然にもこれもブラキオサウルス。そして、以前どこかでこれまた300円で買った電池で歩く小さな恐竜もブラキオサウルス。偶然が重なりました。

プディングのナーサリーが始まるまであと3週間ほど。何かよいイベントがあったら、積極的に連れて行ってあげたいな。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね!


nice!(5)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

映画館でデート 「Toy Story 3」 [子育て]

プディング、何を食べているかというと、そう、ポップコーンです。

toystory.20100804.1.jpg

ポップコーンと言えば映画。今日は、プディングと「トイストーリー3」を見に映画館に行ってきました。ドリンクとポップコーンのトイストーリー3セットは、750円。ドリンクの蓋部分には、バズライトイヤーのフィギュアが乗っており、この部分だけ取り外しが出来るようになっています。

toystory.20100804.2.jpg

プディングにとっては生まれて初めて映画館で観る映画。そして、私にとっては、プディングが生まれてから初めて映画館で観る映画です。プディングが生まれる前は、ダーリンと毎週のように映画館へ行っていましたが、プディングが生まれてからというものDVDでしか映画は観ていなかったのです。

「トイストーリー3」は、全篇104分とちょっと長い映画なので、ちゃんと観ていられるか心配でしたが、そんな心配をよそに、プディングはポップコーンを頬張りながら、大人しく、時には笑いながら観ていました。

3D版の「トイストーリー3」もとっても興味があり、プディングも見たがっていたのですが、3Dは幼児の目にはとても悪いとのことでプディングにはあきらめてもらいました。実際、ディズニーランドで3Dの「キャプテンEO」を見た時には、10数分の映画であったのにもかかわらず、プディングは目をこすって痛がっていました。

それにしても、この「トイストーリー3」、シリーズ第3作目ですが、とても良い話で優秀作品です。ほろりと涙が出てきてしまうような場面もあり、CGのアニメなのに感情移入してしまいます。日本語吹き替え版の2Dで観たのですが、驚いたのが、映画内の英語表記の部分(例えば、バズイヤーライトの取扱説明書等)が日本語に変えられていた点です。この辺り、さすがCGですね。

映画が終わり、外に出たすぐのところで、プディングが「トイストーリー3」のキャラクターの玩具達を見つけました。この裏側は、映画館併設のラウンジ(レストラン)になっていたので、ちょうど昼でもあり、ここでご飯を食べることにしました。

toystory.20100804.3.jpg

プディング、レストランでもバズライトイヤーの人形にずっと話しかけています・・・。

toystory.20100804.4.jpg

ところで、このレストランからレインボーブリッジを見渡すことができ、なかなか良かったです。

toystory.20100804.5.jpg

レストランにあった「トイストーリー3」の販促用品です。プディング、妙に溶け込んでいます・・・。

toystory.20100804.6.jpg

家に帰ってからは、ちょっと前に買った「トイストーリー3」のレゴで盛んに遊んでいました。だんだん遊び方が高度になってきて、見ていて楽しいです。

toystory.20100804.7.jpg

それにしても、プディングと映画を観ることが出来るようになったなんて、その成長ぶりに感激です。今日は、映画を見て、食事をして、その後手をつないでお店を見て回ったり・・・、まるでデートのような一日でした。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね!


nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

子供向けのフルオーケストラコンサート [音楽]

プディング、暑い上、通常昼寝直後はぐずぐずと動きが鈍いはずなのに、走る、走る、走る・・。で、どこに走っているかというと、 

suntoryhall.20100802.1.jpg

サントリーホールです。昨日、日本フィルのファミリーコンサートが行われたので、プディングと二人で行ってきました。夏休み中は、子供向けの音楽プログラムが結構沢山行われるので、ここのところ音楽続きです。

suntoryhall.20100802.3.jpg

日本フィルハーモニー交響楽団が毎年行っている家族向けのコンサート。本当は、3歳未満はだめですが、プディングももうすぐ4歳になるし、なにせクラシックが好きなので2時間余り、きっと静かにしていてくれるだろうと思って連れて行きました。

以下が当日のプログラムです。 

[第1部]オーケストラと遊ぼう!
チャイコフスキー:オペラ《エフゲニー・オネーギン》より「ポロネーズ」
ビゼー:オペラ《カルメン》より「ジプシーの踊り」
楽器紹介 ロンドンデリーの歌(アイルランド民謡)
ドヴォルジャーク:交響曲第9番《新世界より》第4楽章

[第2部]オペラの王子 宮本益光の「まほうの笛」
モーツァルトのオペラ《魔笛》から飛び出したパパゲーノが、オーケストラと歌の世界へご案内!

[第3部]みんなでうたおう
  崖の上のポニョ
  WAになって踊ろう
  3ボロディン:オペラ《イーゴリ公》より「だったん人の踊り」

プディングは、2歳くらいの時から幼児向けのコンサートには連れて行っていますが、これが初めてのフルオーケストラのコンサート。70人あまりの楽団員が奏でる音のの迫力に圧倒され、「新世界」が終わった時には、一人「ブラボー!!」と大きな声をあげて拍手していました。

第一部が終わり、休憩になってもプディング席を動かず。感動しているのか、ただただ周りを観察しているのか・・。

suntoryhall.20100802.2.jpg

第二部のモーツアルトの「魔笛」は、幼児用のコンサートで何回か見ているのでプディングにも馴染みがありましたが、やはりフルオーケストラの演奏があると違いますね。演出が子供向けにされていたので、プディングも笑いながらみていました。

コンサート終了後は、ホールの入り口付近で子供たちと楽団員さんとの懇談があり、楽器を習っていると思われる子供たちからの質問を受け、楽団員さんたちが丁寧に答えていました。音楽を志す子供に、こういう交流の場があるのはいいですね。

suntoryhall.20100802.4.jpg

サントリーホールの前にはカラヤン広場があるのですが、プディングはここで遊ぶのが大好き。ひたすら滝の後ろを走って回るのです。

suntoryhall.20100802.6.jpg

先日、サントリーホールに行った時、あまりにも沢山のプディングよりも大きな子供たちがいて、滝の水を触れなくて泣き出したプディング。でも、今日は子供たちがあまりいなくて、プディング、存分に触ることができました。なので、こんなに嬉しい顔をしています。

suntoryhall.20100802.5.jpg

プディングの好きなカラヤンは、このサントリーホールで1988年に演奏しましたが、私もカラヤンが生きているうちに生の演奏を聞きたかったなぁ・・。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね!


nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。