So-net無料ブログ作成
検索選択

大掃除中。 [日々のあれこれ]

年末って何だか慌ただしいですね。年末になると、やはり大掃除をしなければいけない気持ちになるので、毎日少しずつ部屋の掃除をしています。でも、子供がいると、片付けた端から汚していくので、全然綺麗になって気がしません・・・。

普段から綺麗にしておけばいいのですが、9月からプディングのナーサリーが始まって、ほんとうに慌ただしく、毎日何をやっているのだろう、と思うほど時間がありませんでした。

どんなスケジュールかというと、

午前 8時00分 プディングをナーサリーに送るため自宅を車で出発

午前 9時40分 ナーサリーでの学習説明会やイベントがない限り、この時間に自宅に戻れる。             プディングに迎えに行くまでの2時間ちょっと、家の掃除や洗濯、買い物、もしくは夕飯の仕込み。あるいは自宅に戻らず、ダーリンと一緒に打ち合わせや展示会に出かけることも。

午後12時00分 プディングを迎えに行くため自宅を出発。12時に出るので、ランチを食べないことが多々あり。週2回は、プディングの習い事のために、レッスンにそのまま直行。

レッスンがなければ午後2時には自宅に戻ることができますが、あるとだいたい4時になります。プディングがいると、なかなか自宅では仕事になりませんが、一応メールのチェックとか、ファッションニュース等をチェックしたりしています。

午後6時00分 夕飯

午後7時00分 プディングをお風呂に入れる。

午後7時30分 プディング就寝。後片付け、翌日のプディングの弁当の準備をした後はほとんど何もする気がおきず、新聞を読んだり、テレビを見たり、そのまま寝てしまったり・・・。

なんて、こんな具合ですが、本当に忙しい方にとってみたら、余裕のある毎日だと思います。一体会社勤めをしている方達は、どれほど忙しい毎日を送っていらっしゃるのだろうと、いつも感心しています。もっとも、もっとてきぱき動いたら、効率よくでき、時間もあるかと思うのですが、毎日全速力で走っている感じなるので長続きしないんです。それに余裕がないと、自分がイライラして、子供がそれを敏感に受け取って子供の機嫌も悪くなるので悪循環。実際、私の体調がよくなり、ナーサリーが終わったら、私にも余裕ができたのでイライラせず、プディングもとってもいい子です。来年からは、プディングのナーサリーが週3回3時までに延長されるので、ちょっと時間に余裕ができそうです。

今年は9月後半から連続に風邪を引いて、完治に時間がかかり、挙句の果ては、この間の胃腸炎を患ったので大変でした。まぁ、日頃の忙しさや体調を自宅の部屋が汚い理由にはしていけないんですけれどね・・・。

自宅が汚くなるのは、我が家には物が多いから。新聞、雑誌や書籍があっという間にたまり、その他ダーリンのサンプル用の洋服があり、整理整頓を常に心掛けないと、本当に物だらけになるのです。それにプディングのおもちゃ・・・。

あぁ、でもね、私、常にきれいにしているものがあります。それは水回り。特に排水溝の部分。こういったところが汚いと、どうしても運気が停滞するように感じるので、ここだけは綺麗ですよ。

さて、これからまた部屋の片付けに戻ります。皆さんも大掃除、頑張ってくださいね♪

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(10)  コメント(5) 
共通テーマ:育児

サンタがやってきた! [ナーサリー(年少)]

昨日はクリスマス。いつもより一時間遅く寝たのにもかかわらず、朝7時には目を覚ましたプディング。起きるや否や居間に走って行きました。

そして、居間で「あ~!!!、サンタさんがきた~っ!! あ~、マミー、ダディーっ!!!」と叫ぶ声が・・・。ダーリンも私も昨日寝たのが遅かったので(プレゼントを包んだり、色々としていたのですよ・・)、眠たい目をこすりながらようやく起きました。

「サンタさん、ミンスパイを食べた!あっ、ワインも飲んだ! トナカイもニンジンをたべたよ~!!。」

昨晩、プディングがサンタさんのために用意しておいたものが、食べられ、さらに「ありがとう。」の置き手紙があったので、プディングは大興奮でした。(もちろん、それらしく食べたのは私達ですが・・)

そして、クリスマスツリーの脇に置いてあった大きなプレゼントを発見し、引きずって持ってきました。

20101225.present1.jpg

今年のプレゼントは、プディングがお願いしていたレゴのトレインセット。巨大で重いです。

20101225.present2.jpg

この列車はバッテリーで動くようになっています。タカラトミーのプラレールと違い、何かの障害で電車が止まると、自動的にスウィッチがオフになるように設計されているのでなかなかよいです。でも、音はやはりうるさい・・・・。

20101225.present3.jpg

プディング、手持ちの電車をつなげたりして、毎日毎日何時間も遊んでいます。気に入ってくれてよかった~♪

それにしても、こうして子供が喜んでくれる顔を見るのが、親冥利につきますね。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね

 


nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:育児

今年はやってみました! [ナーサリー(年少)]

箱根に来ています。

今日は、トーマスランドに行ったのですが、帰り際、富士急ハイランド内にできていたスケートリンクを見て、プディング、「ぼく、スケートしたい。」

お~、去年は聞かれなかった言葉!去年は、「ぼく、やらない。」と頑なに拒否していたのに・・・。

さんざんトーマスランドで遊んで疲れていたのですが(親が!)、プディングのやる気満々の気持ちに押され、やらせてみることにしました。

スケートシューズヘルメットを借りて、やる気満々のプディング。・・・に反し、スケートは二十数年ぶりだというダーリンは、ちょっと自信なさそう。私は全くできないので、専ら記録係です。

20101223.skating3.jpg

ダーリンは、一人で滑るのがちょっと怖いというので、念のためにそりを借りました。プディング、全く怖がることなく、ものすごく楽しそうでした。

20101223.skating1.jpg

この後、プディングをそりに乗せ、調子こいてスピードを出したダーリン。コーナーで転んで尻もちをついてしまいました。

プディングも何度か転びましたが、全くめげることなく、楽しんでいました。

20101223.skating2.jpg

しかし、ダーリン、久しぶりのスケートで体力を消耗したのか、はたまたただの運動不足か、30分も経たないうちにギブアップ。使わない筋肉を使って、足が痛いらしい・・・。

ホテルへ帰って、夕食を食べ、温泉へ入って床についたのですが、ダーリン、プディングよりも先に撃沈。ものすごいイビキをかいて寝ています。ダーリン、相当疲れているときにイビキをかくのですが、わずか数十分のスケートでアウトだった模様・・・。

プディングは、寝る前、「あ~、今日は楽しかった。でもぼく、スケート、あんまり上手じゃなかったなぁ。ぼたもちついちゃったし・・・。」

ぼたもちじゃなくて、尻もちね。」とさりげなく言いなおした私でしたが、笑いをこらえるのが大変でした。

それにしても、ダーリン、明日、起きられるか・・・・?!!

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(5)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

この人は誰でしょう? [日々のあれこれ]

問題です。この子は誰でしょう?

daddy.jpg

 

 

 

答えは、うん十年前のダーリンです♪

この間、ダーリンがロンドンに行った時、実家から沢山の古い写真を持って帰ってきました。髪の毛は、お母さんにグリースをつけられて写真を撮られたとか。カットの仕方が違うので、髪の毛が違って見えますが、プディングと同じクリクリの髪の毛をしています。でも、こうして見てみると、ほっぺの感じとか痩せ具合がそっくり。でも、似て非なるものっていった感じでしょうか。ダーリンの顔をうんと和製にしたのが、プディングの顔かな。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね
 


nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

巨匠現る。 [ナーサリー(年少)]

ご心配をおかけした私の腸炎ですが、昨日あたりからようやく普通に食べられるようになりました。2-3日は、お腹は空くけれど、量が食べられず、食べ過ぎると胃が痛くなったりしていました。しばらく食べられなかったので、徐々に食べる分量を増やさないとだめなようです。

ところで、先週、妹が来てくれた時、プディングへの一足早いクリスマスプレゼントを持って来てくれました。いずれ私が買ってあげようと思っていたものなのですが、妹が気を利かせて買ってくれました。

それは、なんと

 

 

 

譜面台です!

20101210lectern1.jpg

指揮棒と譜面台です。子供用のおもちゃではなく、本物です。指揮棒はカラヤンと同様白色。そして譜面台は、プディングの大好きな赤色です。プディングは、譜面台を組み立てる段階で、これが譜面台だと見抜き、もうワクワク。組み立て終わると、一言、「後は、楽譜だな。」と独り言のように、まるで大人のように呟いたので、皆大爆笑。この日、早速楽譜を買いに皆で出かけました。

行ったのは、銀座のヤマハミュージック東京。ここは、かなりの楽器と楽譜類がそろっていてお勧めです。プディングに何が欲しいのかを尋ねると、「えっと、ビゼーのカルメンとブラームスのハンガリー、それから、えっと~、あの~、あれ、あれ、あの~、マーチングソング。ほら・・。」といって、タララッタラ♪と歌いはじめました。あ~でた。いつも分からないと、こうして口ずさみ出すのですが、こちらもちゃんとクラシックを聞いていyないと、どの曲かさっぱり分かりません。よくあるのですが、車の中で、聞きたいクラシックがあるとき、自分で曲目が分かっている場合はいいのですが、分からないと口ずさみ、「あれ、やって。」とリクエストするのです。その曲がわかっていても、膨大な量が入っている車のオーディオから、それを探し出すのが大変・・・。ここ2-3日、車を運転しているダーリンから電話がかかってきて、「このプディングが口ずさんでいるのって、どこに入っているの?」とヘルプコールが何度がありました。私の方が、車ででかけ、プディングの好きな曲をしっているので、「えっと、それは64-2に入っているよ。」等と、トラック番号を教えたりしました。早く探さないとプディングが不機嫌になって、うるさいのです・・。

ちょっと話がそれましたが、プディングの求めていたマーチングソングは、ヨハン・シュトラウスのラデツキーマーチ。

もちろんオーケストラ用の楽譜なんて必要ないので、ピアノ用の一曲ずつになった楽譜を買いました。こんな小さな子供が、ビゼーだの、ブラームスがいいだの、大きな声(っていうか、プディングの声ものすごく通るんです)で店内をうろうろして探しているので、だんだん注目を浴びて、ちょっと恥ずかしくなってきましたよ・・・。

で、購入したのはこちら。

20101210lectern2.jpg

買ったら満足したプディング。早速家に帰って、自分で楽譜をセットしていました。そして、「マミー、カルメンやって。」とCDを流すように指示。しばらく指揮を楽しんだプディングでした。

なんで親がクラシックに疎いのに、この子はこんなに好きなのでしょう・・・???赤ちゃんの時にちょっとモーツアルトのCDをかけていただけで、こんなになるのでしょうか?? 私達夫婦の謎です。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(14)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

ノロウィルスか?!! [日々のあれこれ]

先週の土曜日、私の実家の母も妹も東京に来て、プディングのクリスマス・イベントを楽しく見て一日を堪能した日の翌日深夜のこと。夜いつもの時間に寝て、ふと目が覚めたら夜中の3時。3時などという丑の刻に目覚めたので、何だか嫌だなぁ、と思いつつ、トイレに行って、お茶をちょっと飲み、また床に戻りました。

でも、横になったところで眠れず、なんだかお腹のあたりが変な気分。眠れないので、ちょっと起きてみようと体を起こしたら、何となく気持ちが悪い・・・。トイレまで行ったところで、生唾が出てきて、吐いてしまいました。(汚い話ですみません・・・。) 私、子供のころからあまり吐いたことはなくて、大人になって吐いたのは、本当に1度か2度くらい。本当に何十年振りかの嘔吐でした。

それにしても、トイレで吐いたのはまだ良かったのですが、次に思ったのが、「これ、もしノロウィルスだったらどうしよう。」ってこと。この間テレビで処理の仕方を見たばかりだったので、とにかくその通りに塩素系の水をひたした雑巾できれいに何回も拭き掃除をした後、さらに便座をトイレから外して、お風呂で洗いました。お風呂で洗っているところに、ダーリンがものすごい眠たい顔をして、「何してんの?」の見に来ました。この時点で、夜中の4時。事情を話すと、ダーリンはすぐに掃除を手伝ってくれようとしたのですが、二次感染が怖かったので、ダーリンには何も触らずに手をよく洗って、寝ていて欲しいといいました。が、優しいダーリン、寝ずにソファに座って私の処理が終わるまで待っていてくれました。

吐き気は止まっていたので、この後また眠ることが出来ましたが、朝になって今度は下痢・・・。全く食欲がわかず、この日何とか口にしたのがお粥一杯半とポカリスエットのみ。お粥はダーリンにお願いして買ってきてもらったのですが、一緒について行ったプディングが大活躍してくれました。

日本語の全くできない旦那を持つと、一番難儀に思うのが、私が身動きできなくなったときの買い物。例えば、普通の日本人であれば、「お粥」といえば、どんな店にどんな形状で売られているか、だいたいの見当がつくかと思いますが、ダーリンにはまず「お粥」が何かということから説明しなければなりません。普段家にあるものだったら、いつもその写真を撮って、それと同じものを買いに行ってもらうのですが、今回は家にストックしてあるものではなかったし、インターネットでその画像を探す気力もなかったので、とにかくスーパーに行って「お粥」を探してもらうことにしました。

でも、ここでプディングの出番です。予めプディングに「お店の人に、お粥がどこにあるかを聞いて、それを買ってきてね。」とお願いしておいたのですが、スーパーに着くや否や、お店の人を見つけると大きな声で「すみません。お粥はありませんか?」と自発的に聞いてくれたそうです。お店の人は一瞬、この尋ねた日本語ペラペラの小さな子供に向かって話すべきか、または、うしろに立っている日本語のできない外国人父に話すべきか、ちょっと迷っていたそうです(笑)。

その後、無事お粥のある棚に辿りついたダーリンが、お粥を写メールで送ってくれ、電話でどれが欲しいか聞いてきました。この写真の一番上の棚にあるお粥を買ってきてもらったのですが、お米は近江米を使っており、お粥には塩味がついていなくて、まるで家で作るかのような自然なおいしさでした。また、梅干しは別の袋に入っているので、梅干しの色や塩味も混じることなく、とても良いです。その下の段の味の素の者も買ってきてもらったのですが、お米の質が悪い上、塩味がききすぎて、あまりおいしくありませんでした。ご参考のため・・・。

おかゆ.JPG

プディングは、この後も普通の塩味のポテトチップスを探すダディのために、袋の表紙を読み、「これはこしょうが入っているからダメだよ。」とダディに教えたり、大活躍だったそうです。プディング、私と一緒だと自発的に日本語を読むことはないのだけれど、全く日本語のできないダディが一緒だと、自分が何とかしなきゃ、という心理が働くのか、日本語もちゃんと読んで、今回感心しました。

この日一日ベッドから起きられなかった私ですが、翌日の月曜日、病院へ行って診察をしてもらいました。まぁ、何らかの腸炎だということで、ノロウィルスも否定できないとのこと。ノロウィルスかどうかの確定診断は、よほどのこと(集団感染など)がない限りしないそうです。

先生から言われたことは、一番の懸念は家族への2次感染なので、次のことを徹底するように注意されました。

① 手洗い。きちんと石鹸で洗った後、30秒以上、流水でゆすぐこと。30秒で菌が1000分の一まで減るそうです。ノロウィルスにはアルコール消毒はほとんど意味がなく、塩素系での消毒も家庭だと限度があるので、やはり予防は手洗いが一番だそう。

② うがい

③ タオルを共有しない

④ 感染者が食事を扱うことを控える。私は土曜日に発症したのですが、火曜日までは食事を作らない方が安全だといわれました。なので、昨日までダーリンとプディングは、外食かテイクアウト。

今週の木曜日の朝までに、家族のだれも発症しないようであれば、恐らく大丈夫だろうと先生に言われたのですが、今日現在、ダーリンもプディングもとても元気です。

プディングは、ナーサリーがまだ今週までありますが、月曜日はダーリンも仕事を休み、またプディングも学校へ行くのを控えました。昨日と今日は、まだ私が食事の用意が出来ないため、早朝から営業している近くの老舗ベーカリーで手作りのサンドウィッチを買い、プディングのお弁当に持たせました。こんな買ったもので申し訳ないなぁ、と思う母をよそ目に、本人は初めてクラスメートが持ってくるようなサンドウィッチ(クラスメートの半数は日本人の母ではないので、サンドウィッチが多いようです)を学校に持っていけるというので、えらく喜んでいいました。かなりの量のサンドウィッチだったのですが、昨日は完食して帰ってきたくらいです。

さて、私の体調ですが、昨日からようやく食欲が戻り、今日からようやく固形のものが食べられるようになりました。でも、何日も食べていなかったせいで、なんだか体がフラフラとしていています。体に栄養が行きわたれば、体力も戻ると思いますが、今回はひどい目に合いました。何でも東京都では、腸炎が非常に流行っているということなので、どうか皆様もお気を付け下さいね。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(11)  コメント(10) 
共通テーマ:育児

なりきりバズライトイヤー参上!! [ナーサリー(年少)]

昨日は、プディングのナーサリーでクリスマス・イベントがありました。朝、30分のナーサリーの子供達による劇と歌の披露があり、この日のために、名古屋からお祖母ちゃんと私の妹も前夜から駆け付けてくれました。

当日は、8時25分までにクラスに送り届けなければならず、いつもより早い7時45分に家を出ましたが、もうバタバタ・・。この日、お弁当がないのは幸いでした。

さて、ナーサリーの劇と歌ですが、子供たちにとっては生まれて初めての集団でのパフォーマンス。皆上手に自分のセリフをいい、歌をみんなで歌い、おどり、とてもかわいかったです♪

プディングは、おばあちゃんや私の妹の姿を見つけると一生懸命に手を振っていました。

20101210.christmaswonderland1.jpg

プディングの役は、雪の結晶。セリフも短いものがあり、上手に言うことが出来ました。

20101210.christmaswonderland2.jpg

そして、子供達はパフォーマンスが終わるとパーティ用の洋服に着替え、クリスマスのゲーム等を楽しみました。プディングは、公言通りバズライトイヤーのコスチュームに着替え、バズになりきっていました。あまりにもぴったりのサイズの上、こんな格好をした子供はいなかったので、学校中の注目の的になっていました。でも、本人はきわめてクール。

20101210.christmaswonderland3.jpg

それにしても今回のクリスマスイベント、事前に詳細がうまく伝達されず、親が直前までどのイベントに参加できるのかが分からず、皆からも不満の声が上がっていました。子供達のゲーム大会には、親が参加できないのは分かっていましたが、その後のパーティは親も含めてのものかと思っていましたが、これも子供とクラスの役員をしているお母さんのみ。結局、親が見ることができたのは、朝30分のパフォーマンスのみでした。残念・・・。

でも、プディングはとっても楽しんだようで、一日中ニコニコで、元気いっぱいでした。来年は、どんな出し物になるのかな? 楽しみです♪

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(9)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

ランチタイムのその後 [ナーサリー(年少)]

ちょっと前、ナーサリーで大好きなLちゃんから「(隣に座ったら)私は動く。」と言われ、、とても傷ついたプディング。(その時の記事はこちらを) その後、プディングは相変わらずLちゃんの横に座ろうと試みたようですが、Lちゃんは落ち着きなく、こちらの席に着いたらあちらに移る、っといった行動を取り、プディング曰く、「いっしょにすわれない。」状態が毎日続いていたようです。先生の話によると、プディングはとても大人で、Lちゃんの様子を見守っている様子だということでした。

そして、先週金曜日、ダーリンがプディングを迎えに行った時、先生に「二人にちょっとしたことがありました。」と報告を受けました。なんでもこの日の昼食時、プディングが席についていると、Lちゃんが久しぶりに横に座ろうとしたそうです。するとプディングは、何を思ったのか、「横に座ったら、ぼく、うごく。」とLちゃんに言ったそうです。そんなつれないことを言われたLちゃんは、「ワ~ン」と泣き出してしまったそう。

そこで、先生が中に入り、まずLちゃんに「あのね、以前、あなたが(プディングの名前)に同じことを言ったでしょう?(プディングの名前)はね、その時とても悲しかったのよ。あなたも今そう言われて悲しくて、涙がでてくるでしょう?だからそんなことはもういわないのよ。」 そしてプディングにも、「そう言われたからと言って、自分が嫌だと思うことをお友達に言ってはいけないね。さあ、Lちゃんに謝って。」 小さな二人はお互いに非を認め、謝り、仲良く座ってお弁当を食べたそうです。

夜、プディングをお風呂に入れ、髪の毛を乾かしている時、その日に合った「事件」のことをプディングと話し合おうと思いました。でも、プディング、私がそのことを話そうとすると、怖い顔して、私の腕をバンバンと叩き、「シーッ、シーッ!」と口をつぐむように言います。そのうちに目が真っ赤になって、思いだしたくもない様子。でも、Lちゃんを泣かせてしまって、どう思ったかと聞いた時、「いやなきもち。」だったと答えました。私は、それが「感情」であることを教えました。感情には、喜怒哀楽があり、誰も嫌な気持ち、悲しい気持ち、また怒る気持ちは持ちたくないものであると。そして、自分が嫌だと思ったことは、他の人にはしてはいけないよ、と教えました。私はこの話は今後一切しないことをプディングにいい、一緒に添い寝をしました。

プディング、大好きなLちゃんを泣かしてしまって、嫌悪感に陥ったと思います。さらに大好きな先生にも諭され、これまたショックだったに違いありません。実際、この日のお弁当とご飯をほとんど残して帰ってきました。それだけショックで、食べ物が喉を通らなかったのかもしれません。

ところで、我が家はできるだけ先生とコミュニケーションを取るようにしています。プディングがナーサリーであったことを私達に話し、私達が学校でもフォローがいると感じたような時は、先生にメールや口頭で伝えます。このお弁当事件も、最初に起こった時に先生に実際何があって、プディングがどのように感じたかを伝えておきました。もし、これを伝えておかなかったら、今回Lちゃんを泣かせてしまった時に、事情をよく把握していない先生にプディングが一方的にしかられたかもしれません。

今回、先生が事情を全て把握していた上、先生が昼食時の二人の様子をよく観察していてくれたせいで、とってもよい対応ができたと思います。ちっちゃな二人ですが、きっと心が大きく成長したに違いありません。これからも学校生活を送るにあたり、様々な社会的、対人的な学習をしていくと思いますが、親としてしっかりと見守っていってやりたいと思っています。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(14)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

クリスマスまでのカウントダウン! [日々のあれこれ]

12月1日、予めアマゾンで買っておいたAdvent Calenderが届きました。クリスマスまでのカウントダウンを楽しむカレンダーで、昨年はエリック・カールのものを買いました。(その時の記事はこちらを。)

今年は、プディングの好きなレゴのものです! プディングは、ナーサリーから帰ってきて、これが机の上に置いたあったものだから大興奮。

20101201.advent calender 2.jpg

早速12月1日の窓を開けてみました。

20101201.advent calender 3.jpg

プディング、ニコニコ。

20101201.advent calender 4.jpg

出てきたのは、スノーマンです。こういったレゴが24日分楽しめるので、予めこのサイズに合ったレゴの基盤も買っておきました。基盤があった方が紛失を防げるので、買って正解でした。

20101201.advent calender 1.jpg

この製品にご興味のある方は、こちらをどうぞ。

レゴ シティ アドベントカレンダー

レゴ シティ アドベントカレンダー

  • 出版社/メーカー: レゴ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

レゴ 基本セット 基礎板(青色) 620

レゴ 基本セット 基礎板(青色) 620

  • 出版社/メーカー: レゴ
  • メディア: おもちゃ&ホビー

そして、この日、クリスマスツリーも出しました。プディング、ダーリンと一緒に一生懸命飾り付けをしていました。きちんと飾り付けも出来るようになって、本当に成長したものです。

20101201.christmas tree2.jpg

できあがりは、こんな風。プディングが大きくなって、クリスマスツリーがすっかり小さく見えるようになってしまいました。

20101201.christmas tree.jpg

今年、プディングの欲しいクリスマス・プレゼントは、やっぱりレゴ。家にいる時は、ほとんどレゴで遊んでいます。プディングの欲しいレゴは、先週買い、プディングに見つからないように隠してあります。クリスマス当日、プディングの喜ぶ顔がみたいなぁ~。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


 


nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

びっくりしたこと 第一弾 [日々のあれこれ]

"Pinch, Punch, First of the month!"  今日は12月1日。いよいよ師走に突入ですね。イギリスでは、月の初めの日に指で相手の腕をピンとはじいたり、トンとたたいたりして、このフレーズを言います。もちろん子供の間だけのことですが・・・。あ、でも、以前働いていたイギリス人の上司に一度これをやられたことがあったっけ・・・。

プディングの病状ですが、お陰さまですっかりよくなり、今朝も朝食をモリモリ食べ、元気いっぱいでナーサリーに出かけて行きました。皆様、ご心配をありがとうございました。

さて、最近びっくりしたことが2つほどあったのですが、その第一弾のお話です。先日、ダーリンの眼鏡に傷がつき、見えにくくなったのでレンズだけを換えに行きました。私も経験があるのですが、レンズに傷がついていたり、またレンズが目に合ってなくて、見えにくい状態で使っていると、とても目が疲れ、目の奥や頭が痛くなったり、また肩が凝ったりと色々な身体症状が出てきます。ダーリンの眼鏡に傷が付いたのは最近ですが、慢性的な頭痛に悩まされ、頻繁に鎮痛剤を飲んでいました。

ところで、私とダーリンが大変懇意にさせて頂いている方で、非常に霊能力のたけた日本人女性の方がいらっしゃるのですが、数ヶ月前電話で世間話をしているときに、「あぁ、ご主人の眼鏡があっていないですね。一度検査をして調べてもらって方がいいですよ。」と突如言われました。過去にこの方に言われたことは、100発100中。それもあって、すぐにでも目の検査に行きたかったのですが、多忙のため行けず・・・。今回レンズに傷がついて、見えにくくなってことで、どうしても眼鏡屋さんに行かなければなりませんでした。

行ったのはメガネスーパー。ここ、安くてとてもいいです。今年の夏、私もメガネを買い換えたのですが、担当して下さった方が大変良い方で、今回もこの方にお願いしたくて行きました。まずは、今かけているダーリンの眼鏡の度数をチェック。

右眼: -2.00   左眼: -2.25

さらにこのメガネに新しいレンズを付ける間、かけることになるスペアーの眼鏡の度数もチェック。その結果は、

右眼: -2.25   左眼: -2.25 (乱視 0.25)

どれも同じくらいの時期に作った眼鏡なのに、何故かレンズの度が違う・・・・。

で、今度はダーリンの実際の視力の検査です。最近は、とってもよい精密機械があって、片目を隠して、数メーター先の開いている輪っかを右だ左だなどという必要がなく、機械の穴をのぞくだけで測定が可能で、あっという間に正確な視力検査が出来ます。ダーリンいわく、「こんな機械、イギリスでは見たことがない。」

さて、ダーリンの裸眼がどうだったかというと、

右眼:  -0.75   左眼:  -1.25

この視力の目に合うレンズは、

右眼:  -1.00   左眼:  -1.25

この検査結果に一番驚いたのは、お店の方で、検査の最中も「えっ~?!!」と声をあげながらされていました。だって、そりゃそうでしょ。実際の裸眼の視力よりも、1度も度が高いレンズをしていたのですから・・・。目の良い方は、全く馴染みがないと思うので、ちょっとご説明しますと、レンズはこのマイナスが大きくなるほど度が強くなっていきます。度は0.25ずつ上がっていくので、ダーリンは4段階も強いレンズをかけていたことになります。普通、こんなに強いレンズをかけるとどうなるかというと、まず視界の両縁が非常に湾曲して見え、頭を動かすと、全体の景色がぐにゃっと見えるので、めまいを起こしたような感覚に陥ります。それに階段も湾曲して見えるので、特に降りたりする時には注意が要ります。ダーリンによると、朝眼鏡をかけると慣れるのにいつも20分くらいかかるとのこと。普通、こんな強いレンズを何十年もかけてられませんよ。

こんなに度の違う、目に合っていないレンズをイギリスで処方されたことにもショックを受けたダーリンでしたが、その眼の検査をしレンズを処方したのが自分の妹であったこともさらにショックだったようです。ダーリンの妹さんは、眼科医(といっても、イギリスには色々とレベルがあり、日本で言う眼科医の一ランク下で、手術とかはできません。)なんですよ。ダーリンいわく、「妹のところには、こんな日本で見るような機械はなく、未だにすべてがマニュアルなんだよ。」とのこと。

今回違っていたのはレンズの度数だけでなく、顔の中心から眼の位置を測る測定も3ミリも違っていました。これが違うとレンズの焦点と眼がずれるので、これまた見にくくなる一つの要因となります。まぁ、何もかも裸眼とはかけ離れた眼鏡をかけていたものだから、頭が痛くなるはずです。

お店の方は、ダーリンの年齢を聞いて、さらにびっくり。「いやぁ、ほんとうに目がお強いんですね。こんなメガネをかけていても、目が悪くならないんなんて。」と信じられないと言った風でした。

新しメガネは今週末に出来あがってくる予定です。これでダーリンの頭痛や肩こりが解消されるといいなぁ。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。