So-net無料ブログ作成
検索選択

ご報告 [二人目妊娠]

突然ですが・・・・、実は、私、妊娠しまして、ようやく安定期に入りました。今年の初夏には、第2子が誕生する予定です。[揺れるハート] 

妊娠初期の12月頃までは、ひどいつわりこそなかったものの、食べるものがあまりおいしいと感じられず、食べ物によっては「うっ」と気持ち悪くなったり・・・。それにやたらと疲れて、体を横にしていないとだめな状態でした。加えて、プディングが学校からひろってきた風邪に3度かかるは、12月にはウィルス性の胃腸炎にかかり、薬が飲めないので、とっても辛い日々でした。

1月になってからは、ようやく体調も戻り、元気になってきました。やはり疲れやすいというのはありますが、妊娠初期のようなどうしようもない体のだるさはありません。妊娠初期は、とにかく家事をこなすだけで精いっぱい。しわ寄せは仕事に・・・・。今までたまった会社の経理のまとめなどをこれからこなしていくつもりです。(ぞーっとするほどたまっています・・・。[ふらふら]

昨日は、4週間ぶりの妊婦検診だったのですが、経過は順調。胎動も2週間前から感じられるようになり、お腹がぴくぴく動いています。初期の頃は、また流産するのではないかととても心配で(その時の記事はこちら)、特に2回目の妊婦検診にはダーリンについてきてもらいました。前回は2回目の検診で流産がわかったので、一人で行くのがとても怖かったのです。そんな心配をよそに、お腹の中の赤ちゃんは、毎回元気な姿を見せてくれました。まるで、「元気だよ!心配しないで!」って教えてくれているみたいによく動いてくれ、その姿を見ているだけで目がウルウル・・・。

昨日の時点では、先生が「まだ性別はわからないかも・・。」といって、モニターを見ていたのですが、股間になにやら丸いものが・・・・。先生と私と同時で、「あっ!」 男の子の場合、本当に素人でもわかるほどちゃんとうつるのですよ。「まだ早いのでなんともいえませんが、男の子みたいですね~。」と先生。昨年流産するまでは、女の子が欲しくてたまらなかったのですが、今となっては元気な赤ちゃんであれば、どちらでもいいです。男の子って、かわいいし。男の子だったら、プディングのいい遊び相手になるだろうし。それに将来大きくなっても男の子同士、助け合ってくれるだろうし。それになんといっても、洋服を再度揃える必要がない!これは経済的に嬉しい^^。

お医者様にも言われたのですが、高齢出産(出産するときには44歳!!)になるので、やはり妊娠中毒症とかにはより一層気を付けなければならないとのこと。そして、なによりも「嫌なことはできるだけさけて、好きなことをすること。毎日をゆったりと過ごし、出産はゴールではなく、よいスタートが切れるように。」とアドバイスを頂きました。年齢のことがあるし、前回の流産の失敗があるので、できるだけ無理をしないで、ダーリンにやってもらえることは申し訳ないけれどもやってもらい、自分に精神的、肉体的負担をかけないように生活しています。

ところで、今回、ダーリンには「安定期に入るまで誰にも妊娠のことをいわないで。」と言っていたのですが、会う人会う人に「おめでとうございま~す。」なんていわれています。どうやら近所の人たちにフライングして喋っているようです。前回の妊娠時には、妊娠が分かってわずか2週間くらいで、近所の人にベラベラとしゃべり、後で「あぁ、実は流産しまして・・・」と説明せねばならず、私の心の負担が大でした。それにそう告白された方も返答に窮して気の毒でした。だからこそ、「OKというまでは、しゃべらないでね。」と言っていたのだけれど、やっぱり喋ってしまうダーリンでした・・・。

これからは、妊娠のことも記事になっていくと思いますが、どうぞ暖かく見守ってくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(17)  コメント(19) 
共通テーマ:育児

たまには気を付けて見てね。 [日々のあれこれ]

ナーサリーが始まってから、なかなか日曜日に遠出をする気になれません。なんてったって、月曜日のお弁当の準備をしなければならないし、プディングの汚れたレインシューズ(外の学校の砂場遊ぶのにほぼ毎日使っている)や室内履きを洗わないといけないし、色々と月曜日に向けての準備があり、私の中では気分的にすでにウィークデーモード。私の休みは、金曜日と土曜日って感じです。

ということで、日曜日は大きなショッピングセンターで買い物に行くことが最近は多いのですが、昨日は近くのイトーヨーカドーに出かけました。ここにはプディングくらいの未就学児が遊べるスペースがあり、イトーヨーカドーに着くや否やここに直行したプディング。

20分300円で遊べます。同伴の親は無料。プディング、動き回って、汗をかき、とても楽しそうでした。プディングは、あまり走ったり歩いたりすることを普通の生活ではしたがらないので、こういう場所に連れて体を動かさせることをもっとしないといけないのかもしれません。

2011023.itoyokado1.jpg2011023.itoyokado2.jpg

ところで、この日家に帰って自分の鏡を見た時、むちゃむちゃ驚きました。だって、眉毛を片方しか描いていなかったんです!右眉はしっかりと描いて、左眉はそのまま。この姿でずっとスーパーマーケットを歩き回っていたんですから。幸い、前髪で眉毛はほぼ隠れていたと思うので、ほとんどの方は気がつかなかったかと推測するのですが・・・。

ダーリンに、「ねぇ、眉毛を片方しか描かずに外出していた。私の容姿がおかしかったら、おしえてよね。」とお願いしておきました。実は、こんなお願い3度目。そのうちの二度は、ジーンズの裾を片方まくったまま外出。プディングがもう少し小さく、まだオムツで大の方をしていた時のこと。お尻を汚すので、その都度シャワーできれいにしてあげることをしてあげないといけなかったのですが、その後結構慌てて外出することがあるとジーンズの裾をまくったまま・・・、なんてことがあったのです。

ダーリン、外出すると他の人のファッションをジーっ観察していることが多く(職業病!)、あんまり私には目がいかないのですよ。でも、ダーリン、そんなことをいうと、"No, No, I am always looking at you.  You are so beautiful."(そんなことはないよ。いつも君をちゃんとみている。君はとっても美しい。)   ・・・なんて、だいたい私が「美しい」ってことがちゃんと見ていないんだ、と思う私。まぁ、あばたもえくぼか・・・。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

なかなかやるね。 [ナーサリー(年少)]

この週末、入間のアウトレットに行ってきました。2008年4月、埼玉県入間市にオープンした三井不動産が運営するアウトレットです。こちらのアウトレットは、東京近郊のアウトレットの中では、おそらくチェルシーが運営する御殿場のアウトレットに次いで品揃えやブランドが多く入っているアウトレットだと思います。ただし、プラダやグッチ等の高級ブランドはほとんど入っていません。高級ブランド目当てであれば、やはり御殿場がお勧めです。

ここに行くのは2回目。自宅からは、高速を使って渋滞がなければ1時間ちょっとで行く距離なのですが、なぜか行くたびに事故があり、2時間もかかってしまいました。

2011022.outlet3.jpg

アウトレットに到着したのが昼になってしまったため、まず腹ごしらえ。プディングは、ご飯を待つ間、何やらずっとおとなしく、じっと店舗地図を見ていると思ったら・・・・

 

 

 

「あ~、マミー、レゴショップあった!噴水の近くだ!」  

なんとレゴショップを探していたのでありました! なんとも最近頭が働くようになってきました。

2011022.outlet1.jpg

・・・で、ランチが済むや否やすぐに噴水を探し出し、レゴショップに直行したのでありました。

そして、しばらくおもちゃを物色したと、一つ大きな箱を抱えて、私のところに持ってきました。

キャラパンのセットです。

2011022.outlet4.jpg

「マミー、これ買っていい?」 う~ん、アウトレットとはいえ、値段が3000円を超えている・・。2000円までだったら、まぁ買ってもいいかと思っていたけれど、3000円を超すとダディの稟議が必要。

「ダディにちょっと高いけれど、買ってもいいか聞いておいで。」というと、プディング、大きな箱をかかえ、ダディのところに行き、"Can I buy this?"(買ってもいい?)と聞きました。私は、再度「ちょっと高いけれど、買ってもいいか、と聞きなさい。」というと、プディング、申し訳なさそうにダディの顔をみて、"This is a little bit expensive. Can I buy it?"と聞きました。 プディング、最近都合の悪いことは通訳をしないことが出てきました。つまり、「値段が高い」というと、買ってもらえないのが分かっているのです。でも、プディングには超甘いダーリン、笑いながら"OK."と快諾してあげていました。

帰り間際、アウトレット内を走っている汽車を発見したプディング。乗り場に走って行って、一番で乗りこみました。プディング、先頭の席が確保できて満足・・・。

2011022.outlet2.jpg

帰りの車の中でも、家に帰ってからも、ずーっと買ってもらったおもちゃに今までのレゴを加え、楽しそうに遊んでいたプディング。そのうち、レゴの店が開けるんじゃないか・・、と思うほどレゴが増えてきた我が家です。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(9)  コメント(5) 
共通テーマ:育児

鼻水吸引機器を使った感想 [日々のあれこれ]

さて、先日の記事にも書いた鼻水吸引機器ですが(その時の記事は、こちら)、早速使ってみました。

プディング、いつも行っている耳鼻咽喉科でやってもらっているような機器なので、自分から「やって。」と頼みに来ました。吸引の強さは、maxにしても耳鼻咽喉科で使用されている機器よりも弱く、よく小児科に置いてあるものと同じ程度と感じました。

吸引先は、オリーブ管かシリコンのものが選べるのですが、耳鼻咽喉科や小児科ではオリーブ管ななので、そちらにしました。大きさは極小のものです。鼻水が取れているのがよくわかり、とても良いです。

プディングも自分で鼻をかむよりも楽で、良く取れるせいか、その後自分で「やって。」と言いに来ます。プディングまだ鼻をかめなかった頃(一歳半~2歳くらいまででしょうか)、鼻が詰まって夜眠れなくて何度も泣いておきることがありました。それに付き合うこちらも大変で、夜中ダーリンと交代で抱っこしていたことも・・。かかりつけの小児科の先生によると、鼻が詰まっていても寝てしまう子供がいるそうですが、プディングの場合はだめでした。小児科や耳鼻咽喉科がやっているときは、毎日のように鼻水を取ってもらいに行きましたが、それでも夜になるとまた鼻水がたまり、寝ませんでした。クリニックは毎日やっているわけではないので、休日は大変・・。そんな時、この機器があれば、どんなに楽だったか・・・。

鼻水を吸った後の器具の処理ですが、いわゆる哺乳瓶を消毒するミルトンに1時間以上つけておけばいいので、慣れれば思ったよりも大変ではありません。

機器は25,000円程度と安くはありませんが、中耳炎を繰り返すお子さん、または子供が二人以上いる家は十分にペイする値段だと思うので、お勧めです!

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね 


nice!(8) 
共通テーマ:育児

ダディ、無事帰国 [ナーサリー(年少)]

昨日、30分の遅れがありましたが、無事日本に帰ってきました。あまりにも疲れていたので、機内で食事を取った後、気を失ったように眠り、日本に着くまでずっと起きなかったそうです。

午前着の便だったので、自宅に帰って来てから、ナーサリーにプディングを迎えに行くため、二人で出かけました。

ナーサリーで、ダディの姿をみたプディングは大喜び!ダディはプディングをハグして、久しぶりの再会に浸っているのに、プディングの関心はといえば「おみやげ」。

「ダディ、peppa pig(イギリスの幼児番組)の汽車のおもちゃ、持ってきた?」とそのことばかりを訊ねていました。ダディは、今回の出張では自由時間が全くないのが分かっていたので、事前にAmazon UKでプディングとおもちゃを予め選び、ロンドンのおばあちゃんの家に届くようにしておいたのです。なので、プディングはダディが何を持って帰ってきてくれているか、知っていました。

家に帰ると、スーツケースをひっくり返し、自分でおみやげを探したプディング。お目当てのものが見つかるとにんまり。

2011018.omiyage1.jpg

Youtubeでこのおもちゃのベースとなるエピソードを探したのですが、ほとんど著作権侵害でブロックされこのブログにアップすることができませんでした。なので、かわりにこのおもちゃのコマーシャルをどうぞ。

 

このおもちゃはバッテリーを入れると、しゃべったり歌を歌ったりするのですが、結構な音量!いつも思うのですが、イギリスのおもちゃって日本の物よりも音量が大きいです。プディング、特に歌が好きなので、なんどもボタンを押しては口ずさんでいました。

2011018.omiyage2.jpg

ところで、ダディは私にもお土産を買ってきてくれていたのですが、プディングの玩具をスーツケースに詰めるのに頭が一杯で、私のをロンドンに忘れてきてしまったらしい・・・。イタリアで買ったMax&Co.のコートらしいんですけれど。

さて、プディングの風邪ですが鼻水は出るものの元気いっぱい。かわりに私が引いてしまいました。ものすごい喉の痛み・・・・・。プディングの喉は全く赤くなく鼻水だけなのに、プディングの体の中で菌が培養され威力を増すようです。でも、幸い熱が出ていないので、まだ軽いほうです。全く昨年の9月から何度風邪をうつされるんでしょう・・・・・。

それにしても、家でもうがいや鼻洗浄、手洗いを慣行していたのですが、一緒にこうやって暮らしていると、どうしてもうつっちゃいますね。あ~、これ以上ひどくなりませんように・・。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(11)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

悩んだ末買ったもの [日々のあれこれ]

ここ何日か東京もとっても寒い日が続いています。特に日曜日は気温が上がらず、最高気温6℃。そして、朝は取っても冷え込みマイナス1℃。そんな朝、プディングがいきなり鼻水をズルズルさせておきてきました。

あ~あ、また風邪だ・・・・・。

この冬休み中、風邪を引くこともなく、とっても元気に過ごしていたプディングですが、学校が始まったとたん風邪を引いてしまいました。やっぱり学校は菌の豊庫だ。それに朝方とても冷えるので、いつも何も布団を着て寝ないプディングは(布団をかぶせてもすぐに足で蹴っ飛ばしてしまうんです)、体が冷えたのだと思います。

鼻水と咳がひどかったので、月曜日は学校を休み、耳鼻咽喉科へ行ってきました。幸いただの鼻風邪なので、鼻水さえちゃんと取ってあげたら回復は早そうです。

学校の終了時間が遅くなると、なかなか耳鼻咽喉科に頻繁に連れて行くのも難しくなってくるので、お思い切って、こんなものを買ってしまいました。


鼻水を吸引する医療機械です。ある小児科の先生のブログを拝見していたら、こちらの製品を家でご自身のお子さんに使用する目的で買った記事が載っていて、とてもよさそうで買おうか、買わないか、ずっと迷っていたのです。プディングは、中耳炎にはならないものの、とってもよく風邪を引いて、鼻をぐずぐずさせていることが多いので、風邪を引くと耳鼻咽喉科に頻繁に連れて行かないといけません。学校の送り迎え、習い事の送り迎え、さらに医者へ連れていくとなると負担増・・・。それで色々考えた挙句に買ってしまいました。物は今日届く予定です。

昨晩、鼻が詰まって、咳が出て、プディングはあまり熟睡できなかったようで、今朝はあまりアクティブではありませんでしたが、学校には行きました。学校に着いた途端、元気になり、先生に「ダディがね、今日帰ってくるよ。お土産の玩具を沢山持ってくるんだ!」と大きな声でお話をしていました。

今日、この機械が手に入ったら、早速プディングの鼻水を吸ってあげようと思っています。使い勝手や効果は、また記事に書きますね。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(5) 
共通テーマ:育児

じんましんの原因は? [日々のあれこれ]

昨年の12月からダーリンが蕁麻疹に悩まされています。いわゆる蚊に刺された後のような感じの蕁麻疹です。直径3-5センチのじんましんが、背中や足、腕等にでます。最初は何かを食べた後に出たので、何かの食物アレルギーかと思い、食べるものに気を付けていましたが、何を食べても出るように。そのうち食べなくても朝起きて突然出るようになってきました。

医者に行って、アレルギーの薬をもらって、じんましんが出た時に飲むようにしていますが対処療法・・。一体何が原因なのか・・・? でも、クリスマス休暇になって、箱根に行っている時は、不思議とほとんど出ませんでした。私、ピーンときました。これって、典型的なストレスによる蕁麻疹。私も経験があるのですが、大きな仕事を任されてやっているときに蕁麻疹に悩まされたことがあります。その時は気がつかないのですが、仕事が一段落し、休暇を取ったらうそのように出なくなりました。体って、正直なんです。自分では何とも思っていなくても、体は反応してしまうんですね。

でも、ダーリン、私がストレスだと言っても、絶対にそうじゃないと言い張ります。リラックスして仕事をしているし、なるようになるしかないと思っている、だからストレスは感じていない、っていうんです。・・・なんてことを日本で懇意にさせて頂いているミディアム(霊能者)の方に折に触れ話したら、「ストレスね。」と一言。

ほらね、やっぱり。

そうダーリンに伝えても、まだ「そうかな?」と半信半疑。ところが、ダーリンが、ロンドンでやはり懇意にさせていただいているイギリス人のミディアムの方と電話で世間話をしている時に、同じことを言われてしまったそうです。「君、その蕁麻疹はストレスによるものだよ。それに食事をちゃんと取っていないね。食事をきちんと取るようになると、蕁麻疹は治まるよ。それから休みを定期的に取って、仕事のことは全く考えないようにすること。」 さすがに二人の方に同じことを言われ、ストレスが原因であるということを認めざるを得なくなってしまったダーリンです。私がいうことはなかなか信用しないのですが、なぜかミディアムの方々のアドバイスは聞くのですよ。まったく。

ダーリンは、私と違ってとても心配症。色々なことを抱え込み、考えすぎる傾向がいつも見られます。また、私達は大勢の人に会いますが、私は瞬間的に「この人はいい人、この人はだめ。」とほぼ動物的な直感で今後仕事の付き合いをするかどうかを判断するのですが、人のいいダーリンは誰とも付き合ってしまい、時間と労力を遣った割には何も成果が出ず、結果自分を疲れさせてしまうのです。自分はだんだんと歳をとってきているのにプディングはまだ幼い。でも、お金には不自由をさせたくなく、最高の教育を受けさせてやりたい。ゆえになんとかもっと事業を拡大させ、長期的に金銭的な心配をなくしたいという焦りも心労の原因となっていると思います。こんなことでダーリンは、常に頭の中で仕事のことを考えているので、心が休まる時がありません。ここ数年、とかく昨年一年は一過性健忘症になるくらいそれがひどかったので、ついに蕁麻疹がでてしまったのでしょう。

昨年、一回目の一過性健忘症の過去記事はこちら。2回目の過去記事はこちら

でも、ダーリンの栄養管理は私の責任。ダーリンは、忙しくて昼をろくろく食べないことが多いし、夕食も胃にもたれるからという理由であまり多くを食べたがらないのですが、バランスに富んだ、栄養価の高いものを作って食べてもらわないといけないなぁ、と深く反省しました。

あ~、私って、本当に料理がだめだ、と落ち込む今日この頃・・。料理が好きで得意な方を尊敬してしてしまいます・・・。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(7) 
共通テーマ:育児

便利な世の中 [日々のあれこれ]

今朝、フィレンツェにいるダーリンから連絡がありました。iPhoneを使って、スカイプしてくれたのです。ダーリンは、いつもイタリアにロンドンから行く場合は、2-3日の短期間の上、お店を見てまわったり、展示会やショーなので夜遅くまで多忙なのでパソコンを持って行きません。

ダーリンは、夜遅くまで動き回っていたようで、とっても眠たそうでしたが、元気でした。明日の午後、フィレンツェからロンドンに戻る予定のようです。

それにしても便利な世の中になりました。今、関東地方では、午後2時から「想い出にかわるまで」というドラマを再放送しているのですが、今週の初め、たまたま車内の移動中につけたテレビでやっていて、「いや~、なつかし~!」と、それ以来車中で断片的に見ています(車内で見るのは、この時間、プディングのお迎えがあるから!)。このドラマは、石田純一さんと今井美樹さんが主演のTBSのドラマで、1990年1月~3月まで放映されたもの。

images[5].jpg

簡単にあらすじをいうと、エリートサラリーマン・高原直也(石田純一)との職場結婚を間近に控えた主人公・沢村るり子(今井美樹)が些細な心のすれ違いから結婚を延期する間に、妹の沢村久美子(松下由樹)に結婚相手を奪われるというショッキングなストーリー。

先日の話では、高原直也とその両親との食事会に行かなければならないのに、仕事先で訪れたビルのエレベーターに5時間も閉じ込められ、食事会に行けなかったという場面がありました。高原とその両親はただただ「どうしたのだろう。」と待つだけで連絡のすべがありません。そのうち両親が怒って帰ってしまいます。

今なら誰でも携帯を持っており、簡単に連絡がつくのに、まだ携帯が無線機のように大きく高価だったこの時代、まだ誰も携帯を持っていませんでした。だから待ち合わせ場所には極力遅れないようにしなければならないし、万が一遅れても連絡のすべがありませんでした。まぁ、それが当たり前だったので、何も不自由は感じませんでしたけれどね。

これ、当時の携帯。肩から掛けるタイプで、確かに「携帯」ですけどねぇ・・・・・。

photo[1].jpg

1990年、私は自動車製造会社の海外部門で働いていましたが、海外とのやり取りは、ファックスかテレックス(今、こんなものまだあるのでしょうか?!!、今で言うチャットに近いものですが、専用のシステムが必要でした。)が主流で、Eメールもありませんでした。もちろんパソコンは個人の手に入るくらいにはなっていましたが、どうしようもなく分厚く重たいもので、その上dosコマンド。メールの機能はまだ普及していませんでした。macはこの当時、今のようなアイコンで処理できる独自のソフトがありましたが、一台50万円ほどする高級マシーン。普通の人は手が出ませんでした。

こんな時代、ついこの間のことだと思っていましたが、もう20年も前のこと・・・。あ~、歳とったなぁ。この「想い出にかわるまで」のドラマを見ていた時、私もるり子演じる今井美樹と歳が近く、設定もOLで長女。ずけずけものをいう妹や姉思いの弟、それに昔ながらの頑固者の父親の役どころが我が家と似ていて、妙に共感をしながらドラマを見たものです。それに今井美樹のファッションも大いに参考にしたっけ。今見るとバリバリの80年代ファッション(90年代は、まだ80年代ファッションを引きずっていました)とメークで、見ていて笑えます。でも、みんなこんな格好をしていた・・・。

このドラマの辺りからだんだんと景気が悪くなり、バブルがはじけるわけですが、あの時代は優雅でよかったなぁ~。まぁ、でも、当時、仕事には全く満足していなかったし、プライベートも充実していなかったし、ダーリンに出会い、プディングを授かって、家族仲良く暮らしている今が私にとってはベストかな。

それにしても、プディングが24歳になる20年後、いったいITはどうなっているんでしょうね。また技術革新が起こるのでしょうか。そのうち今の携帯が、「なにこれっ?」っていう化石のような機器になってしまうのでしょうか。将来どんな社会になるのか楽しみ・・・・。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(9)  コメント(5) 
共通テーマ:育児

ナーサリー、はじまる。 [ナーサリー(年少)]

一昨日の月曜日、名古屋の実家から帰ってきました。翌日からナーサリーが始まるため、少し早目の午後2時の新幹線で帰ってきました。

お祖母ちゃんと私の妹が名古屋駅まで送ってくれましたが、それまでぺちゃくちゃしゃべり続けていたプディングが、名古屋駅に着くと急に無口になり、何も話さなくなってしまいました。新幹線に乗り込み、皆がプディングに声をかけているのに、プディングは口をへの字に曲げたまま。ドアが閉まる直前でようやくバイバイだけはしました。

席に着き、新幹線が動く出すと、プディングは私の顔をにらみつけ、「マミーなんてだいきらいだ。」とバンバン叩き始めます。「どうしたの?」と聞くと、大きな目から涙がこぼれ、「ぼく、ずーっと名古屋にいたい。学校をずっーと休んで名古屋にいる。」と大声で泣きはじめました。

名古屋では、おばあちゃん、おじいちゃん、そして私の妹に可愛がられ、遊んでもらってとても楽しかったようです。しかも、まだ日の明るいうちに名古屋を出たものだから、夜になるまでもう少し遊べるかと思っていたようです。

一生懸命なだめ、また名古屋に来ようと言っても「ぼく、新幹線を止める。降りる。」の一点張り。そんなところにアイスクリームを売りにお姉さんが車両を歩いてきました。プディングの泣くのが瞬間止み、その次には自分で「すみませ~ん。アイスクリームくださ~い。」と次の車両に向かって歩くお姉さんを捕まえました。

実は、名古屋に向かう新幹線の中で、このアイスクリームを食べたかったのですが、売りに来たのはなんと名古屋に着くわずか10分ほど前。それでアイスクリームを食べられなかったのです。今回リベンジを果たし、プディングはとても満足。さっきまで泣いていたのがうそのように止まってしまいました。

う~ん、ここでも切り替わりの早いプディング・・・・・。

2011010.icecream.jpg

さて、ナーサリーが始まりました。プディングは、またとっても楽しく通い始めました。このナーサリーが楽しくて仕方ない様子・・・。学校を変えて本当に良かったと思います。

今期からは、毎日2時50分のお迎えになります。入学前の話だと、週三回(月水金)のみ遅い時間になり、火と木曜日は12時50分の終業時間はずだったのですが、なぜか急に方針が変わり、毎日遅い時間となりました。でも、この後期からの終業時間の変更を考慮し、予め習い事を火曜日と木曜日に入れていて、いまさら遅い時間に変更できません。なので、火曜日と木曜日だけは、先生の許可をもらい、今まで通り12時50分に迎えに行くことになりました。

今日は、はじめての遅い時間・・・。いや~、かなりのんびりできますね。なんてたって、ちゃんと食事が取れるのが嬉しいです。早い時間のお迎えだと12時に家を出ないといけないので、ほとんど何も食べずにでるか、もしくは車のなかでパンか何かをかじりつく・・・、っていうことをしていました。

それに今日は、ちょっと離れた大きなスーパーまで一人で行って、買い物もしてきました。プディングがいないと、ゆっくり自分の見たいところを見ることができるので、とても楽しかったです♪

ナーサリーが始まって、遅いお迎えの時は自分の時間が少しとれそうです。でも、ナーサリーが始まると、またプディングが風邪をもらってひきだすのではないかとちょっと不安。というのも、前期はプディングが連続で風邪を引くことが多く、私も同じようにプディングから風邪をもらって体調を崩しまくりだったからです。冬休み中は、色々なところに出かけても、家族一人誰も風邪を引くことはありませんでした。やっぱりナーサリーっていうか、学校っていうところは菌がうじゃうじゃしているんじゃないかと思ってしまいました。

ダーリンが出張中で、何かと一人で慌ただしいけれど、何とか頑張っています!

↓ 全然本文と関係がありませんが、昨日見上げた空がきれいだったので、思わず携帯で写真を撮ってしまいました。

2011011.sky.jpg

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(8)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

ロンドンあきらめ行った先。 [ナーサリー(年少)]

今朝7時前、ダーリンが起きると同時にプディングも目を覚まし、"Daddy, are you going to London?"(ダディ、ロンドンに行くの?)と遅れないように起きてきました。

でも、特に自分の持ち物をダーリンのスーツケースに入れることもなく、極めて普通にしていたプディング。これで何事もなく行けるかと思ったダーリンと私でしたが、TCATに行くときになって、"Daddy, can I go with you?" (ダディ、一緒にってもいい?)と言いだしました。

そして、自分でパスポートを取り出し、手に持って離しません。仕方がないので、そのままパスポートを手に持たせ、TCATまで向かいました。

ちゃんと右手にパスポートを握っています。

20110108.TCAT6.jpg

TCATでは、自分もリムジンバスに乗って成田空港まで行くのだと譲りません。それで仕方がなく、ダーリンが航空会社に電話をかけ、席があるかどうかの確認をすることになりました。もちろん、これ、誰にかけているのでもなく、ダーリンの一人芝居です。

プディング、心配そうにそのやり取りを聞いています。

20110108.TCAT2.jpg

ダディが乗る飛行機はすでに一杯で乗れないので、できるだけ早く予約の取れる飛行機を予約することになり、ダーリンはプディングのパスポートナンバーを伝えていました。

20110108.TCAT3.jpg

こんなに細かい芝居を打っても、プディング、「大丈夫。ダディと同じ飛行機に乗れるよ。じゃあね、マミー。行っているよ。」とバス乗り場の方に歩いて行ってしまいました。おいおい、私はどうなる・・・?!!

20110108.TCAT1.jpg

でも、ダーリンがプディングを抱っこし、話をして聞かせました。今度は必ず一緒にいこうね、と。プディング、それでも、「ぼくをおいてっちゃうの?ダディ、おいてっちゃうの?」 そんなプディングをみて、ダーリンは泣きそうになってしまうほどでした・・・。

20110108.TCAT4.jpg

ダーリンがバスに乗った後、私がプディングによく話をしました。今、ロンドンに行っても寒いし、ロンドンはディズニーランドもないし、レゴランドも春まであいていないよ、って。そうしたらプディング、なんだか妙に納得して、「じゃあ、フロリダのディズニーワールドにいこう。」なんて言い出しました。それならば、「ダディが出張から帰ったら一緒に行くことにして、マミーとプディングで名古屋のお爺ちゃんとお婆ちゃんのところに行こう。」と提案したら、プディングのりのり。

で、現在、名古屋の実家に来ています。新幹線に乗ってわずか1時間半。ロンドンに行くことを思えばものすごく近いです。いずれにせよ一月には名古屋に帰省しようと思っており、そのきっかけが出来て良かったです。

プディング、おばあちゃんと楽しそうに遊んでいます。

20110108.TCAT5.jpg

まぁ、プディングの考えの切り替わりの早いこと・・・・。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

東京ミッドタウンのスケートリンク [ナーサリー(年少)]

今日から東京ミッドタウンのスケートリンクがオープンし、早速行ってきました。プディングが楽しみにしていたスケートです。

20110107.midtown skating8.jpg

昼頃に行って、軽く昼食をミッドタウン内で取った後、会場である芝生広場に出たのですが、外に出たとたん、ダーリンが「寒いっ。これじゃぁ、寒すぎる。インドアの方がいいなぁ。今日は止めだ。」等と言いだしましたが、プディングも私も無視。嫌がるダーリンを無理やり広場に連れ出し、スケートをさせました。だって、プディングがとっても楽しみにしていたし、明日からはダーリンは出張だし、止めるって言うのはね・・・。

大人1500円、子供1000円のチケットを自販機で買うと、あとは自分にあったスケートシューズを選んで滑るだけ。子供用は、15センチから20センチまでは2枚刃のシューズがあります。

20110107.midtown skating7.jpg

手袋は持参していないと200円で借りることができますが、ヘルメットやひじ、及びひざ当ては無料で借りることが出来ます。

20110107.midtown skating2.jpg

プディング、「ようーし、今度はじょうずにすべるぞ~。」と意気込んでいましたが、いざスケートリンクに立って見ると急に怖くなり、「あ~、ダディ、だっこ~。」という始末。前回スケートを楽しんだ「富士急ハイランド」のようにソリのようにつかめるものがなかったので、怖かったようです。

20110107.midtown skating1.jpg

それでも頑張ってゆっくりゆっくり「いち、にー。」と自分で掛け声をかけて、滑る(あるく?)練習をやっていました。

20110107.midtown skating6.jpg

でも、最後の方でダディとともに滑って転んでしまって、氷で左手を打って、え~ん、と泣き出してしまったプディング。

20110107.midtown skating5.jpg

リンクを上がって、入場した時にもらったカイロで一生懸命自分で手を温めていました。

20110107.midtown skating3.jpg

転んでしまったので、ちょっと不機嫌↓

20110107.midtown skating4.jpg

私はもっぱらカメラマンでしたが、ダディとプディングが滑るのを見て自分も滑ったような気分になり、とっても楽しかったです。プディングも最後は泣いてしまったけれど、頑張ってちょっとだけ滑ってみたので満足だったようです。

しかし、このスケートって、やっぱりインストラクターにちょっとでもついて教えてもらった方が上達が早そうですね。きっとプディングくらいの年齢だったら、あっという間に覚えちゃうんだろうなぁ。私の親は、スケートやスキー等を全くやらない人だったので、当然連れてもらったことはなく、私は全くできません。やれる人を見ると、とってもうらやましいです。人生、色々なことがやれた方が楽しいのではないかと思い、プディングにはできるだけ何でもやらせてあげたいと思っています。

さて、この東京ミッドタウンのスケートリンクの情報ですが、

  • 開催場所: 東京ミッドタウン 芝生広場
  • 開催期間: 2011年1月7日~2月28日
  • 営業時間: 午前11時より午後22時まで(ただし、最終受け付けは21時)
  • 料   金: 大人1500円、子供1000円(時間制限特になし)
  • リンクサイズ: 20m×40m

詳しくは、こちらのサイトをご覧くださいね。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:育児

ディズニーの後はロンドンへ?! [日々のあれこれ]

ダーリンは、この週末からロンドンとイタリアに出張です。プディングがダディと遊べるのもあと2日。なので今日は頑張ってディズニーランドに行ってきました。

インターネットの混雑予想によると、今日は空いているはずだったのに、着いてみたらとても混んでいました。それに寒~い!午前中は太陽が出ていたのでそうでもありませんでしたが、午後になると雲が出てきて、外気温度は6度程度まで落ちていました。

そんな寒く混んだ中、プディングが真っ先に乗りたかったのがこれ↓

20110106.disney1.jpg

10時半で既に110分待ち! 4歳児を連れて外で2時間近くも待つのは辛かったので、待ち時間を利用して、スペースツアーにプディングと私で行ってきました。ダーリンはその間ずっと外で立ったまま・・・。

スペースツアーが終わって、アストロブラスターの列に戻ってくると、プディング、興奮過ぎて疲れたのか、ようやく入り口が見え、中に入ったところで

寝てます!!

20110106.disney2.jpg

・・・・が、ザ-グやバズライトイヤーの声が聞こえると、急に目を覚ましましたよ。睡眠時間、約5分程度でした。

20110106.disney3.jpg

プディング、戦い中。

20110106.disney4.jpg

アトラクションの直ぐ外にあるお土産屋さんで、さんざん色々な玩具を試していたプディングですが・・

20110106.disney5.jpg

買ったのは、これ↓ バズライトイヤーのアームコミュニケーター(Arm Communicator)です。輸入ものらしく、ボタンを押すと英語で喋ります。

プディング、ものすごく気に入って、腕にはめたまま外さず・・・。悪やつと思われる人をレーザーで打っていました。

20110106.disney6.jpg

こんな風に開けるとボタンがあり、"I am Buzz Lightyear."とか、"To infinity and the beyond!"等としゃべります。

20110106.disney7.jpg

この後、「プーさんのハニーハント」、「ウェスターンリバー鉄道」等に乗り、帰宅の途についたのですが、その帰りの車の中で、プディング、突然「ダディ、僕もロンドンに行く。マミーも一緒にいこう。」と言いだしました。しかも、もう夜の7時を回った今直ぐに!

ロンドン行きの直行便は、朝しかないと言っても、「だいじょぶだよ。だから今から成田にいこう。」

プディングの飛行機の席は予約をしていないからと言っても、「だいじょうぶ。ダディがしてくれるよ。」

で、パスポートがないと行くことが出来ないと言ったら納得して、ようやく自宅マンションの駐車場まで戻ってきたのですが、「ぼく、車の中で待ってる。ダディ、パスポート取ってきて。」という始末。

夜のフライトは、飛行機で寝ないといけないけれど、飛行機にはお風呂がないから、お風呂に入ってから行こう、とプディングに納得してもらい、ようやく自宅の部屋まで戻ってきました。

でも、自宅に戻るや否や、自分で大きなスーツケースを引っ張り出して来て、「何をもっていこうかな。」ともう行く気満々。「ダディ、ロンドンには色鉛筆ある?」だの「おもちゃはある?」だの色々なことを聞いた揚句、これを詰めました。

トーマスの絵本、犬のぬいぐるみ(アンパンマンの手提げに入っている)、お気に入りのビブ2枚(マジックテープのところが好きで、これを触りながら寝るのですよ。)、色鉛筆(ちょっと陰に隠れていますが・・)、いつも体に塗っている保湿クリーム、そして、今日買ったばかりのバズのおもちゃ。

20110106.packing a suitcase.jpg

お風呂に入れ、髪の毛を乾かしている間にプディングは寝てしまったので、なんともことなきを得ましたが、明日朝起きて何と言うのだろう・・・・。それにダーリンが週末に本当にロンドンに行くときに、絶対について行くと言いそうで怖い・・。

実は、今日の早朝、ダーリンのお母さんが心臓発作で病院に担ぎ込まれたという電話がロンドンよりあったのです。幸いマイナーな心臓発作で容体は安定していますが、最近になって2度目の発作とということもあり、4~5日は病院で様子を見ないといけないそうです。そんな話を聞いていたから、プディング、急にロンドンに行きたくなったのかな?

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(13)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

♪日清カップヌードルのナイスなコマーシャル♪ [日々のあれこれ]

 「この味は、世界にひとつ。」のキャッチフレーズで展開する日清のインスタントラーメン「カップヌードル」の替え歌CMシリーズにフレディ・マーキュリーの「Born to love you」が、1月1日からテレビに登場しましたね。

前回のボン・ジョビも笑えましたが、フレディ・マーキュリーも笑えます。何度か良く聞かないと聞き取れないのですが・・・

♪ わし買うもん 買うもん カップヌードル
愛あるもん カップヌードル
他のじゃやだもん 好きだも~ん。♪

・・・と歌っているように聞こえます。

前回のボン・ジョビの方が若干聞きとりやすいのですが、歌詞が本当に笑えます。

♪息子さ~んは中3でぇ~
受験勉強してぇたぁ~
夜食のぉ~カップヌードル~
お母さんが忘れ~たぁ~
息子さんはぁ~スネたぁ~♪

それにしても、これ、どうやって製作したんでしょう。ちゃんと口が動いているし、声もフレディの声・・。う~ん、今の技術は素晴らしい。

このコマーシャル、外国でやって受けそうです。日本語で歌っているのがおもしろいようで、ダーリンも意味は分からないけれどゲラゲラ笑っていました。

興味のある方は、こちらをどうぞ。日清のウェッブサイトでも見れますよ。

フレディ・マーキュリー篇

 

ボン・ジョビ篇


 


にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:育児

新年あけましておめでとうございます [日々のあれこれ]

皆様、新年あけましておめでとうございます!

今年もこのブログをよろしくお願いいたします。

平成23年1月1日

 


今日は、例年のように神社にお参りに行ってきました。結構な人手で、境内の中に入るまで20~30分ほどかかりましたよ。

境内に入って空を見渡すと、ふとどこからかハトが突然飛んできて、神社の屋根の上に止まりました。なんとも象徴的だったので、写真を撮ったのですが、それがこれ↓

20110101.hatsumoude3.jpg

 

プディングは、お参りは慣れていて、ちゃんとお辞儀をして手を叩いてお参りすることができます。でも、その内容というのが・・・

「○○(区立の幼稚園でいじめられた子の名前)をやっつけることができますように。」

そして、一拍置いて思い出したように

「本物のバズライトイヤーになれますように。」

大きな声を出してお祈りするものだから、周りの人の笑いを誘っていました。昨年、ちょっとだけ通った区立の幼稚園。そこで一人のクラスメートに髪を引っ張られたり、どつかれたことがトラウマになっているようで、幼稚園をかわっても頻繁にこの子の名前が普段の会話で今だに出てきます。よほどいやだったに違いない・・・・。

またプディングは、大きくなったら本物のバズライトイヤーになれると信じているようで、ジャンプして飛ぶ練習をしているんですが、「まだ集中がたりないからダメだ。」等とX▽@??なことをよく言っています。まぁ、しかし、こんなことをお願いするなんてかわいいなぁ~。

プディングは、お参りの後おみくじを見つけて、「マミー、ぼく、これやりたい。」というので、ダディと一緒におみくじを引きました。

20110101.hatsumoude2.jpg

このおみくじ、片面が日本語、もう片面が英語になっていて、ダーリンも読むことができます。二人が引いたおみくじは、

 

大吉!

 

「草木の春にあい、花咲き、やがてみのるようで、世に出る喜びがある。神仏を信じ、自らを省みて謙虚ならば、幸せ来たる。」と書いてありました。こういうおみくじは、大吉だの吉だの小吉だので一喜一憂するのではなく、あくまでもそこにかかれているメッセージが大切だと思うので、これをしっかりと心して日々過ごしていきたいと思っています。今年は、本当に実りの年だといいなぁ。

おみくじの後は、プディング、赤福とおしるこを配っているテントを見つけ、さっさと自分で歩いて行きました。プディング、もくもくと食べています・・・・。

20110101.hatsumoude1.jpg

ところで、今年はちょっとしたおせち料理を作ってみました。・・・といっても、スーパーで買ったものも当然含まれていますけれどね。

作るかどうか迷ったのです。というのも、ダーリンはこういった甘辛いものが嫌いだし、ダーリンもプディングも二人して「蒲鉾はゴムみたいだ。」といって食べないし、作ったとしても結局食べるのは私がメインになるであろう・・、というのがあって、不経済じゃないですか。でも、だからといって私がやらないと、プディングは全く日本のお正月の習慣を知らずに育ってしまう・・・。私は、プディングには日本の良き文化や習慣をきちんと学んでほしいと考えているので、やはり私がやらないとダメだ!、と大みそかに思い立って、これ↓を用意しました。数の子やエビは、コレステロールの高い私とダーリンは食べられないので排除。プディングとダーリンが食べられそうなものを集めて、一重のおせちにしました。

20110101.osechi.jpg

ちゃんと祝箸やお酒も用意して、今年は日本的な正月になりました!でも、ダーリン、やっぱりお雑煮は食べられない・・・。前にも書いたことがあると思いますが、噛んでもなくならないお餅をいつ呑み込んでいいのか、そのタイミングが分からないうえ、お餅自体に味がないので嫌いなんだそうです。

外国人の夫を持つと、なかなか日本の正月気分になりにくいですが、年末には大掃除をする、というのもプディングは覚えてくれたし、こうやって少しずつ簡易的ではあるけれど、プディングには日本の伝統を学んでいってほしいと思っています。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(10)  コメント(8) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。