So-net無料ブログ作成

恐怖の乳腺炎! [日々のあれこれ]

ものすごく忙しかったため、まったくブログの更新ができませんでしたー! 

9月15日からダーリンが10日間のロンドンとパリへの出張に出かけていました。バズが生まれてから、ほとんどの送り迎えをダーリンにやってもらっていましたが、赤ちゃんがいての送り迎えは想像以上に大変。

家から学校が近ければいいのですが、車で片道40分。プディングを教室まで連れて行って、なんだかんだしていると、往復で一時間半は最低かかります。これを一日2回。お迎えの時は、学校近くの駐車場がすぐに一杯になってしまうので、駐車場確保のために余計に早く家をでなければなりません。プラス、今はバズがいるので、本当に大変・・・。

起きていると2時間おきに授乳をまだしているので、行ってすぐに引き返して帰ることがまだ困難。帰りの中でおなかがすいて、激泣きさせることは避けたいので、学校近くのカフェで授乳させてから帰路につきます。朝は比較的渋滞が少ないので楽なのですが、問題は帰り。

お迎えの時間は3時10分なのですが、自宅を出るのは2時ちょっと前。3時10分(実際プディングが教室から出てくるのはもっと遅い・・)にプディングをピックアップして、近くのカフェへ。授乳した後自宅に帰ると、だいたい4時半。先日はひどい渋滞に巻き込まれて5時近くになってしまいました。迎えに行くのに3時間もかかるなんて!!!

家に帰ると、食事、お風呂、寝かしつけが待っていて、それはそれは忙しい・・・。

・・・で、こんなバタバタとした日々が続いていたら、乳腺炎になってしまいました。左の胸が真っ赤に腫れて、カチカチになって、それはそれは痛い!おまけに悪寒がして熱も出て、ひどいものでした。幸いバズが生まれた病院では、母乳相談というのがあって、助産師さんが母乳マッサージをしてくれるので、緊急で診てもらいました。

炎症がひどいので、マッサージの後、抗生物質(ケフラール)と痛みどめをもらって帰りました。でも、しこりはなかなかなくならず、6日くらいたってようやく改善の兆しがみえたところで、今度は右胸が乳腺炎に・・。左胸で積極的に飲ましていたため、今度は右がダメになってしまいました。もう涙が出てきます。

先日、また助産師さんにマッサージをしてもらい、なんとか改善しましたが、2,3日経つと、またぶりかえし。こんなことをずっと続けています。ひどい乳腺炎になると怖いので、あまり時間をおかず、夜も積極的に授乳をしています。夜ぐっすり寝てくれるバズなのに、わざわざ起こして授乳をし、おかげで私は睡眠不足です。

バズは、私が飲んでいた抗生物質が原因かと思うのですが、下痢になってしまい、お尻が真っ赤で本当にかわいそうです。薬をやめて10日以上経つのに、まだ下痢。薬の影響ではないのかしら・・・?。

乳腺炎を起こす原因は、脂っこい食べ物や甘いものの取りすぎ、また冷えた体等もそうですが、ストレスや疲れも原因になるそうです。

ダーリンは、今週は日本で、来週はNY。また忙しくなる~。

[左斜め上] ご訪問ありがとうございます。ランキングに参加しています。クリックしていってくださいね[るんるん]


nice!(15)  コメント(5) 
共通テーマ:育児

3か月になりました♪ [バズ 誕生~3カ月]

早いもので、バズが生まれてからちょうど3か月が経ちました。毎日バタバタしている間にもう3か月。二人目の成長は、とっても早く感じられます。

相変わらずバズは、プディングの時に比べとっても体が大きく、現在の体重は6.8キロ程度。身長はうまく計れないのでよくわかりませんが、1か月検診の時で58センチになっていたので、60センチは必ず超えているはずです。

プディングが赤ちゃんの時に買ったGAPのズボン。プディングには胴回りが大きすぎて、一度も着ることがなかったのですが、これをバズに着せてみたら、なんとぴったり。もう少し涼しくなったら、これを着させて外出できそうです。

20110903.buzz.jpg

ところで、↑の写真のTシャツもプディングが着ていたもので、ディゼールの3か月用のものですが、プディングは体が細かったので、1歳を過ぎるまでこれを着ることができていました。が、バズはおそらく来年は着れないかと・・・。

最近は、ゲンコツを口に持っていくことをよくやっていましたが、ここ3日の間で親指を口に入れることを覚え、上手にシュパシュパ指を吸っています。これをしていると、とっても静かで、このまま寝てしまいます。・・・ということで、寝せるために抱っこをするということが減りました。すでにあちこち体に痛みが走りだしている私にとっては、とてもありがたい・・。

20110904.buzz.jpg

目で色々な物を追うことができるようになり、プディングのお古のおもちゃ(ガラガラ)を見せると大興奮。なぜか口からこんなに泡を出して、洋服までベタベタになっちゃいます。

まるでカニみたい・・・。

20110901.buzz.jpg

そういえば、1週間前くらいから声を出して笑うようになりました。毎日明けても暮れてもおむつを替え、おっぱいをあげ、抱っこをしたりしてあやしている者にとって、声を出して笑ってくれた瞬間ほどうれしいことはありませんね。 

毎日7時頃起きて、寝るのは8時半から9時半の間。この間の授乳は一回です。

日中は、起きていると2時間間隔での授乳。量も結構飲みます。180cc位はいっているじゃないでしょうか。

二人目の育児は楽といいますが、確かに楽です。・・というか、私が思うに親が育児に慣れているので、リラックスしているし、それで余計に楽に感じるのではないかと思います。

プディングは6か月を過ぎたころから、眠る前に激泣きをするようになったり、夜の睡眠が浅く、夜中に何度も起きるということをして、親が寝不足でヘトヘトになってしまいましたが、バズにはそんなことにならないように祈るばかりです。

来週は、3か月検診があります。どのくらい大きくなっているか、とっても楽しみだな♪

[左斜め上] ご訪問ありがとうございます。ランキングに参加しています。クリックしていってくださいね[るんるん]


nice!(12)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

静寂が戻った [レセプション(年中)]

2か月の長い夏休みが終わり、プディングの通う学校の新学期が、今週から始まりました。

プディングは、レセプション。日本でいう年中さんです。担当の先生は、オーストラリアのメルボルン大学で日本語を専攻したという、オーストラリア人女性の先生。アシスタントの先生は、高校の国語教師の免許を持つという日本女性です。日本語の習得もしっかりさせたい私たち夫婦にとっては、日本語と英語のバイリンガル教育に理解のある、なかなか良い先生にあたったと思っています。

クラス替えもあり、また転入生もあるので、ほとんど新しいクラスメートとの新学期の始まりです。だけれど、もともと少人数教育で、すべてのクラスの生徒が交じり合って学習したり遊んだりしていたので、皆顔なじみ。プディングは、すぐにクラスに溶け込み、毎日とっても楽しんで学校に通っています。

今のところ、送り迎えはダーリンが仕事の調整をして、毎日やってもらっています。というのも、まだ2か月のバズをベビーシートに座らせると嫌がり、激泣きをしてしまうのです。もっともまだ背骨や首の座っていない赤ちゃんを、座らせた状態で移動するのはちょっと酷です。とはいえ、もうすぐダーリンがロンドンとパリの出張に10日間程でかけるので、その間の送り迎えをどのようにしたらいいのか、ちょっと困っています。

ところで、プディングが学校に通うようになったので、日中、私とバズだけの静寂が戻りました。バズが寝ていたりすると、なんとも静かです。プディングが生まれたときは、プディングだけでとっても大変な気がしていましたが、こんな寝ているだけの赤ちゃんなんて、とっても楽ちん。今では、こんな風に思えるほど、私も母親としての経験ができてきました。これが3人、4人と子供が増えると、二人なんて楽ちんと思えるようになるのでしょうか・・?

20110829.puddeing and bazz.jpg

↑ 今週の初めに撮ったお気に入りの写真です。二人とも目が大きくて、うらやまし~。ダディに似て良かった・・・。

[左斜め上] ご訪問ありがとうございます。ランキングに参加しています。クリックしていってくださいね[るんるん]


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。