So-net無料ブログ作成
検索選択
ナーサリー(年少) ブログトップ
前の10件 | -

複雑で繊細な心・・ [ナーサリー(年少)]

数日前から、プディングに新たなチックがあらわれはじめました。両目をぎゅっと強くつむり、時折上を向く動作を頻繁に繰り返すのです。

今年3月11日の地震後も、目を瞬きしたり、右腕を前に突き出す動作を頻繁に起こすことがありましたが、幸いなことに学校が再開され、平常の生活にもどるとチックの症状も自然に消えて行きました。

今回のチックが引き金となる、考えられる出来事といえば、やはりバズの誕生。

でも、私達はバズが生まれてから、プディングのことはとかく気にかけていたし、お手伝いさんが来ている間にプディングと一緒に外に出かけたりして、できるだけプディングと二人の時間を設けていたのです。 

プディングも、バズの誕生をとても喜んで、かわいがってくれているし、またこれといった赤ちゃん返りの様子も見られなかったので安心していました。

でも、やっぱり4歳の小さな心は複雑に揺れ動いているようです。

先週の金曜日は、バズの一カ月検診だったのですが、こちらの病院では兄弟が生まれると、上の子と同じ担当の先生が診ることになります。なので、小児科の先生とはすでに面識があり、プディングのこともよくわかっていてくれています。

先生にプディングの症状について話すと、「それは複雑チックでしょうね。」とのこと。物分かりがよい、いわゆるいい子だと、言動で自分の不満を表さないので、チックの症状になってでるそうです。「赤ちゃんなんて嫌い!」とバンバンと赤ちゃんを叩く子供もいるようなのですが、かえってそんな風に感情を表に出す子供は、チック症状がでないのだそうです。

先生には、「とにかく上のお子さんをできるだけ構ってあげて下さい。おっぱいが欲しいと言えば、飲ませてあげればいいんです。おそらくもう少し症状は続くと思いますが、そのうちなくなりますから。」とアドバイスされました。

昨日、ダーリンにバズを見てもらって、プディングと一緒に買い物に出かけました。その帰りの車の中で、プディングに聞いていました。

「ねぇ、マミーがバズを抱っこしていると、嫌?」

プディングは、ちょっと黙った後、「ぼくも抱っこして欲しい・・・。」とポツリといいました。

初めて自分の思っていることを言葉にしてくれて、とっても嬉しかったと思うと同時に、プディングの寂しさもひしひしと伝わってきました。

私はいつだってプディングを抱っこするし、プディングのことは心から好きなんだよ、とプディングに伝えると、プディングは「うん。」と黙って聞いていました。

家に帰ってしばらく経った時、プディングが座っている私のもとにやってきて、「マミー、僕もげっぷしたい。」といって、抱っこをせがみました。

私は、「いいよ。」と言って、プディングを抱っこし、背中を優しくさすってやりました。

考えてみたら、妊娠してからプディングを抱っこすることがなかったな・・。10か月ぶりのプディングは、すっかり重くなって、背も高く、抱っこした感じが変わっていました。これ以上重くなると、抱っこはできなくなるな、と思うと同時に、抱っこのできる期間の短さを感じました。

きっともう少し経つと、抱っこなんてせがまれることはなくなるだろうし、こうしてストレートにスキンシップを求められるのも今だけのこと・・・。できるだけプディングの気が済むようにしてあげ、私もそんなスキンシップを今だけの至福の時間だと思って過ごすつもりです。

こうやって写真を撮ると、プディングが本当に大きなお兄ちゃんに見えます。大人になっても、常に弟のことを気にかける、優しい人間になる気がします・・・・。

20110717.a&a.jpg

[左斜め上] ご訪問ありがとうございます。ランキングに参加しています。クリックしていってくださいね[るんるん]


nice!(11)  コメント(1) 
共通テーマ:育児

夏休みです。 [ナーサリー(年少)]

プディングの学校は、7月1日の午前中で終了式を向かえ、約2か月の夏休みに入っています。今学年取り組んだ学習ノート5冊と成績表を持ち帰えってきたのですが、成績もよく、この一年初めての学校で本当によく頑張ったと思います。自信もつき、出来ることも多くなり、成長を感じられる一年でした。

来年からはレセプション。日本で言う「年中」さんになります。先生もクラスメートも変わりますが、きっとすぐに慣れてやってくれるものと思っています。

ところで、プディング、終了式の2日前に高熱を出しました。その2日前から夜寝ているときに変な咳をすることがあったのですが、プディングは夜に咳をすると、その時に特に症状がなくても、必ず風邪の症状が少し後に現れます。今回は、40度近い高熱。熱さましを飲んでも38度6分くらいにしか熱が下がらず、夜寝ているときにうわ言をいい、とても心配しました。水分補給のため、水を頻繁に飲ませていたのですが、そのコップを持つ手は熱で震えていたくらいです。

医者に行き、抗生物質をもらい飲むとあっという間に回復。そして数日経った後、ダーリンと私が同時に風邪を引きました。どうやらプディングの風邪がうつったようなのですが、症状はやや違って、猛烈な喉の痛み!!熱は出ないものの、喉の痛みが尋常でなくて、ダーリンなんかはご飯が喉を通らなくなったほどです。

私は授乳中ということもあって、漢方の風邪薬でなんとか症状を抑えようとしましたが、喉の痛みがあまりにも続くので、医者へ行ったら抗生物質を処方されました。飲んだらすぐに喉の痛みは治まったものの、今は喉が痒くて咳がでます。プディング、喉が痛いというと病院に連れて行かれるので、黙っていたようですが、本当は喉が痛かった様子・・・。まったく・・・。

考えてみたら、私がバズを出産する直前からずっと風邪を引きっぱなし。溶連菌にもかかるは、もう風邪のオンパレードでした。そんな風邪引きだらけの家に居ながら、バズは極めて元気。母乳強し!、です。

プディングが夏休みなので、学校で変な菌を拾ってくる確率が減るので一安心。それに朝早く起きてお弁当を作ったり、学校まで送迎したりといったことがなく、特に朝はのんびりすることができ楽です。でも、家にずっといられるのもプディングの相手で大変です。バズとプディングの面倒を交互で見て、日中休む暇がありません。あ~、母は忙し・・・・。

20110712.buzz.jpg

風邪引きだらけの家でもへっちゃらのバズです。

[左斜め上] ご訪問ありがとうございます。ランキングに参加していますクリックしていってくださいね[るんるん]


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

不安のあらわれ? [ナーサリー(年少)]

先週から非公式に学校が始まり、午前中わずか2時間でしたが授業があり、プディングは火、木、金の3日間通いました。3クラスのうち、集まったのは全体でわずか8~10人程度。外国人の先生方は、皆国外退去していたので、残った日本人のアシスタントの先生方が中心となって子供の面倒を見て下さいました。

ところで、その週末、プディングがちょっと奇妙な行動をするようになりました。右腕をに前に付きだし振る動作を頻繁に繰り返すのです。ちょうど斜め下にパンチをするような感じです。本人は意識しておらず、無意識のうちにしています。まさかこれってチック症状の一つ・・???

何かストレスがあると、3-4歳頃の幼児からチック症状がでることがあるのは知っていますが、何か私たち親がプディングとにとってストレスとなる言動をとってしまったのだろうか、ダーリンも私も考え込んでしまいました。

大地震があり、そのニュースが頻繁に流されていますが、ここのところはそんなニュースを聞くと大人の私達も気分が滅入るので(東北の被災者の方には大変申し訳ないのですが・・)、プディングが居る時はほとんど見ないようにしています。だからテレビの影響によるストレスではあまりないかと思われます。

ただ大地震の後、学校が休校になり、非公式に始まった学校にはほんのわずかの生徒しか集まらず、しかもプディングのクラスからはプディングのみの出席。担任の先生はおらず、別のクラスの先生が面倒をみるということで、ひょっとしてプディングは不安になったのではないか・・・。昨晩、ダーリンと話し合っていて、こんな考えを導きだしました。

昨日から学校が再開され、普通に授業が始まり、プディングの担任の先生も海外から帰ってきていました。いつも通りだったのですが、プディングのクラスは、13人中4人しか集まらず、3クラス全体でも16人程度しか生徒がいませんでした。

事前にメールで先生にプディングのこの行動を連絡しておいたので、昨日一日先生はプディングの様子を細かく見てくださっていました。なんでもかなり頻繁に右腕を付きだす動作をとるだけでなく、入学当初のようにとても不安げだったということで、先生も驚かれたそうです。幸い生徒数が少なかったので、先生はプディングに対し、かなり時間をとって接してくれたようです。

プディングの症状が出だしてから、私もダーリンも、プディングに対して今まで以上に広い心で接し、沢山話し、相手をするようにしています。プディングに腕のことを話して止めるように言うと、さらに意識がそちらにいくといけないので、そのことには触れないようにしています。

ただでさえ子供は繊細だと思いますが、プディングは特に繊細で、非常に感受性が強いのです。反面、ものすごく強いところもあるので、子育てをする時、このバランスを取るのが難しいです。

子供って十人十色。それぞれに合わせたケアや子育ての仕方が必要だと最近特に思います。

なにはともかく、プディングのこの症状が早く治まってくれればいいなぁ・・・。

[左斜め上] ご訪問ありがとうございます。ランキングに参加しています。クリックしていってくださいね[るんるん]


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

一体いつはじまるの~? [ナーサリー(年少)]

プディングの通うナーサリーは、地震以降ずっと休みになっています。日本の幼稚園であれば、今は春休み中だと思いますが、インターナショナルスクールは、西洋に合わせているので、日本の春休みに近いものは4月中旬に2週間の休み(イースター・ホリデイ)があります。この春休みが終わると3学期が始まります。

学校から先週の金曜日に連絡があり、正式には4月4日~授業を再開し、今週は午前10時~お昼までのわずか2時間だけクラスを非公式に開くとのこと。でも、そのうちの1時間は、屋上の広場で遊んでいるだけ。スナックの時間15分を除くと、いわゆる授業らしいものは、わずか45分。

まぁ、授業内容はともかく、2時間のみのクラスだと、片道の通学時間が40分ほどかかるので、送り届けた後自宅に帰る時間はなく、学校の近くで待機していないといけません。プディングの学校回りは、お店やレストランなど営業開始時間が遅いので、車の中で待っていなければなりません。

今の時期、会社の決算があるし、その他赤ちゃんが生まれる前にしておかなければならない家の事とかがあり、はっきりいって、待機している2時間は何も出来なくて非常にもったいない・・・。

・・・ということで、今日はお休みすることにしてしまいました。明日は、ダーリンに時間があるので、連れて行ってもらって、ダーリンに学校付近で待機してもらうことにしました。

おそらくナーサリーの半分近くが海外に避難しているせいで、他の学校よりも授業開始が遅れているのかと推察されます。遅れてもいいのですが、4月には前にも書いたように2週間の休みがあるので、この2学期は半分しか授業がされないことになってしまいます。うぅぅ~~、学費が・・・。

生徒の親は、ほとんどが外資系企業からの駐在員なので、住宅手当はもちろんのこと、子供の学費は全て会社持ち。そして、今回の海外避難費用も会社持ち。我が家のように学費を自らの年収で捻出している家庭は少数派です。そんなこともあってか、別に授業がなくても金銭面で自分の腹は全く痛まないので、皆さんとってもゆったりされています。

学費のことは置いておいても、東京の生活がほぼ普通に戻っている中、校舎のダメージも全くないのに学校を再開できないのはどうしたものか。インターナショナルスクールと言っても、東京にある学校。駐在員の家庭の事情を中心に物事を決めるのはけしからん、とダーリンは昨日怒っていました。

ところで、地震が起こってからのダーリンの様子を見ていると、この人、マインドが日本人だなぁ、と思います。

原子力発電所で命をかけて戦ってくれているハイパーレスキューの人達のことが、イギリスやドイツの新聞で悪く書かれていたのを目にした時等は、「こんなにも優秀で、国民のために自分を犠牲にしてまで働いている人たちのことをよく調べずによくも書くものだ!! もう絶対にイギリスには住まないっ!!!」、と声を荒げていました。

被災地での様子をテレビで見るたびに、日本人の素晴らしさを感じ、「イギリスでは考えられない。」と感嘆しぱなっし。

心から日本、そして日本人が好きなダーリンです。

それにしても学校がないと、毎日自宅でプディングの相手をしないといけないので、仕事や家事がはかどりません。外へ行くにも、私がお腹が大きくなって、腰痛があるので出かけるのがおっくう。考えてみたら、もう妊娠8カ月に突入しているんですから・・・。早っ。

 ご訪問ありがとうございます。ランキングに参加しています。クリックしていってくださいね[るんるん]


nice!(9) 
共通テーマ:育児

マミーのクリエイティブ作品、点数は?! [ナーサリー(年少)]

昨日、プディングの通う学校では、終日"Math Day"(数学の日)ということで、いつもとは違った内容の授業が行われたようです。

この日、全校生徒スクールユニフォームを着る必要はなく、私服でOKでした。ただ、何か形をつけた洋服を着なければならないということで、私、頑張って作りましたよ。

なにぶん裁縫が苦手なので、縫い付けるというのは排除。そうすると貼り付けるしかないのですが、熱転写できるようなものは、後で取ることができない・・・・。でも、シールのようなものは、すぐにはがれてしまう・・・。

困ったなぁ・・・、と近くの大型ショッピングセンターを歩いているときにこんなものを見つけました!

20110302.buzz shape costume3.jpg

運動会等の時のゼッケンに使うものなのですが、粘着タイプでピタッと貼るだけ。後で綺麗にはがすことができるものです。

やっぱり世の中、私のように悩む人がいるのですよね。最近は、昔に比べとっても便利なものがあって重宝します。

これを早速購入し、形を熱転写用紙にプリントしたものを、このシールに貼りつけることにしました。でも、ただ丸や三角の形をあちこち貼るだけでは能がない・・・。

そこで、プディングの大好きなバズライトイヤーを形作ってみることにしました。

出来あがったのがこれ。

20110302.buzz shape costume1.jpg

台形、楕円、円、三角、四角と色々なシンプルな形でバズライトイヤーを表現してみました。プディングが夜寝てから作りだしたのですが、こんなものでも結構時間がかかるのですよ。

洋服にちょうど合うサイズをパソコン上で作成したり、また、色を本物に近い色にすることなど、微調整が結構必要でした。特に色は、パソコン上の画面で見ている色と実際にプリントされてくる色が異なるため、何度か調整しました。

翌朝おきてきたプディングにこのバズライトイヤー シェイプ コスチュームを見せるとにんまり。じっと見た後、「マミー、良くバズを見て作ってくれたんだね。」と一言。でも、洋服の背中部分をみて、「マミー、でも翼がない。」  

あ~、やっぱり言われてしまった。背中までやっている時間がなかったのだよ~。

まぁ、それでも喜んでこの服を着て出かけて行ったのですが、後でダーリンに話を聞いたところ、車の中で、「マミー、間違えてる。腕のビームのところに黄色がない。」と言っていたそうです。

プディングの言っているのはこの部分。LASERと書いてあるところです。

20110302.buzz shape costume4.jpg

プディング、あいかわらず細かい!

さらに車の中で、プディングは突然洋服のジップの匂いをかきだしたので、ダーリンが「何をしているのか。」と尋ねると、「ダディ、これ、メタルだ。」とプディング。

メタルで出来たものを触ると匂いが手に移って、手が臭くなりますよね。たとえば、お金やドアの取っ手等。プディング、この匂いが手に移るのが嫌いで、素手で触らないのですよ~。

ちょっと変わっているプディングですが、この日とっても楽しくナーサリーを過ごせたようで、帰りの車の中ではとってもはしゃいでいました。

20110302.buzz shape costume2.jpg

マミーは寝不足で眠い!!

← ご訪問ありがとうございます。ランキングに参加しています。クリックしていってくださいね[るんるん]


nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

♪ Happy Valentine ♪ [ナーサリー(年少)]

この間の金曜日のこと。プディングが近所のスーパーで、「マミー、これなに。」と聞いてきました。プディングが指を指していたのは、ハート型のチョコレート。

私が、「それは、バレンタインデーのチョコレートだよ。」と説明すると、「あっ、マミー、ぼく、先生に買わなきゃ。先生ね、チョコレートが大好きなんだって。」とプディング。

プディングは、クラスの担任の先生が大好き。今までもクリスマスプレゼントを自分で選んだり、クッキーをあげたりしていました。

どうせ買うなら沢山のセレクションがあるところでと思ったので、プディングに「じゃあ、明日、デパート行って買おう。」というと、プディングもあっさり納得してくれました。

翌朝、鼻をズルズルさせて目覚めたプディングですが(もう毎週風邪です・・・[ふらふら])、ベッドから降りるや否や、「マミー、今日、チョコレートを買いに行く日だよね。」と早朝から行く気満々。私はそれよりもプディングの鼻水が気になって、どうせ朝に家を出るならついでに耳鼻咽喉科にも行こうとプディングを説得し、自宅を出ました。

まず一番に耳鼻咽喉科に診察券を出し、待ち時間を利用して三越へ移動。朝一番でデパートに来るなんて、とっても久しぶり・・・。店員さん達が丁寧に頭を下げる中、私とプディングは催事場に設けられたチョコレート売り場に直行しました。

最初はハート形のチョコを買うのだと言っていたのですが、↓のチョコレートを一目見て虜に・・・。あいにく写真を撮っていなかったので、ネットから同じ商品の写真を拝借。

foucher1.jpg

Foucherから出ているチョコレートです。板チョコにスペースがプリントされているのですが、素晴らしくきれい。私もすぐに気に入ってしまいました。

そして、もうお一人、バレンタインデーがお誕生日の方がいらして、その方にも何かを送りたかったので、プディングに決めてもらいました。それもやはりこのシリーズのチョコですが、これは球体の形をしていて、それはそれは綺麗・・・。

↓の写真はその一つですが、このようにきれいに惑星のプリントがなされたものがアソートされているチョコレートを買いました。

foucher3.jpg

なにぶんダーリンは、チョコレートアレルギーだし、あちらの習慣として、バレンタインデーは男性が女性を食事等に招待する日なので、ダーリンと知り合ってからはバレンタインデーのチョコを買うこともありませんでしたが、このシリーズのチョコはちょっと前から出ているようで、結構人気商品なのだとか。

プディングは、家に帰ってから、これまた自分で選んだカードに先生の名前と自分の名前を記し、自分で紙袋の中に入れ、取っ手の部分をテープで止めていました。

そして今朝、教室に入って、先生の顔を見る否や先生のところに走っていき、朝家を出てから手にして離さなかったチョコの入った紙袋を先生の手に渡したプディング。先生にとっても嬉しがられ、プディングもとても嬉しそうでした。

ダーリンがロンドンにいるので、私にとっては久しぶりの何もないバレンタインデーですが、今朝ダーリンとスカイプした時に"Happy Valentine!"と言ってもらえました。それにダーリンが、ちょっと口を滑らせ「実はね、内緒だけど、プレゼントをパリで買ったんだ。」とも。何も期待をしていなかったのですが、実際買ったものよりも、私のことを考えていてくれたことの方が何よりも嬉しかったです。でも、一体何を買ってくれたんだろう・・・? 今週水曜日の帰国が楽しみです♪

← ご訪問ありがとうございます。ランキングに参加しています。クリックしていってくださいね[るんるん]


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

子供中心の三者懇談会 [ナーサリー(年少)]

今日は建国記念日の祝日ですが、プディングのナーサリーがありました。とはいっても、普通の授業ではなく、"Child Centred Consultation"の日です。これを日本的に訳すと、子供中心の三者懇談会ということでしょうか。

祝日ということもあって、ほとんど父親と母親の両方が学校に来ていましたが、あいにくうちはダーリンが現在パリに出張中ということで欠席。でも、ダーリンの強い願いで、学校にラップトップのパソコンを持ち込み、スカイプを通じて三者懇談にのぞみました。

プディングの懇談時間は、午前10時15分からだったため、パリは夜中の午前2時15分。ダーリン、目覚まし時計をかけて、ちゃんとおきていました。前日も時差の上、一日広い展示会場を歩いてクタクタだったはずなのに、プディングのことはとても気になるようです。

日本の三者懇談会というと、先生、生徒、そして生徒の親が同席し、先生がほぼ一方的に話をする、っていうのが普通ですが、これはちょっと違って、生徒が自分のやったこと、また自分で一番上手にできたと思うこと等を親に発表するというものです。こうして小さな時から自分のことを話す機会を与えられるのはいいことですね。

ナーサリー、日本的に言うと年少とはいえ、きちんと個人個人に学習記録ノートが作られています。下の写真のノートが、今回の三者懇談会で使用されたものですが、4冊もあるのは、それぞれ学習のトピックによって以下のように分けられているためです。

  • Communication, Language and Literacy (writing, reading speaking and listening) 
  • Problem Solving, Reasoning and Numeracy
  • Physical Development
  • Creative Development

20110211.consulation4.jpg

先生の労力たるや、ただただ感心するばかりですが、先生は毎日生徒全員の学習達成を事細かに記録してくれています。

今回、プディングは特に自分の得意なこととして、パターンを自分で作るということをノートを見せて話してくれました。パターンというのは、「丸、三角、四角、丸、三角、四角・・・・・」というようなものを順番に作っていくことです。

それとは別に、先生が特に私達親に見せたいといって、プディングに説明させたのが、これ↓。

20110211.consulation1.jpg

ブロックでモデルを作るのですが、まず紙にどのようなものを作るのかを書きます(設計)。そして、次にどの部品を使って作るのかを考えます(エンジニアリング)。

上の絵では分かりにくいのですが、プディングが作ったのは、car crasherの機械。いわゆる車を解体する機械です。

下の絵の左端にある黄色い三角のものがクレーン。右の赤いベルトじょうになっているものが、ベルトコンベイヤー。その上にのっているのが、車が箱状のなったものだそうです。

さらに右写真には、今後の改善点も書かれています。もちろん子供はまだ小さく、言葉がかけないので、先生が子供に尋ね、子供が答えたことが忠実に記録されています。

20110211.consulation2.jpg20110211.consulation3.jpg

なんでもこのくらいの年齢の子供は、車とか飛行機とか家など、単体の分かりやすいものを選んで作るのが普通らしいのですが、プディングのように工作機械のようなものを自分で考えるのは珍しいとのことです。また、どうやって作るのか、いわゆるエンジニアリングも作る前から非常にはっきりしていたそうです。

そういえば、以前ナーサリーで作ったのもpaper machineだったっけ。作品を見た、他のお母さんに「とってもクリエイティブね。」と言われたのを思い出しました。クリエイティブなのは、ダーリン譲りかな。

ところで、この機会に私が気にかけていたことを先生に聞いてみました。それはプディングの書き方(writing)の件。私が見ていて、他の同じ年齢の子供と比べても、プディングはなかなか上手に字を書くことができず、だいたい書くこと自体を嫌います。筆圧が弱い上、たとえ、「て」や「し」のような、比較的簡単な文字でも、線がぶれ、ミミズのはったような字になるのです。

先生もやはりその点はプディングの発達の弱いところだと仰っていました。腕や手の力がないのが主な原因で、運動をしたり、またペグ等を使った細かい作業をしていくことによって、いずれ改善されるとのことでした。

プディングは、赤ちゃんの小さな時からそうなのですが、音楽や芸術のようなクリエイティブな面、また言語に関しては、発達が早いのですが、どうも身体能力の発達が若干遅いのです。歩き出すこと、離乳食を食べることも遅く、赤ちゃんの時は心配したものですが、それをまだ引きずっているように感じます。

子供の発達はそれぞれなので、全く気にしてはいませんが、良いところはよりよく、また苦手なところは能力をより引き出せるように、親が注意して見守って行ってあげたいと考えています。

← ご訪問ありがとうございます。ランキングに参加しています。クリックしていってくださいね[るんるん]


nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:育児

東京で雪遊び! [ナーサリー(年少)]

今日、土曜日、私達は雪山にいるのではなく・・・・

20110205.snowfestival2.jpg

中央区の雪まつりに行ってきました! 友好都市である山形県東根市から200トンの雪を公園まで運び、この会場が作られています。

プディングがやりたかった「そり」には、長蛇の列が並んでいましたが、私が代りに並んで順番待ちをしました。プディング、こんな風に雪で遊ぶのは最初であるだけでなく、「そり」も初めて。親子等二人で乗る用の長めのソリもあったのですが、プディングは「一人でやる。」というので、一人でやらせました。

プディング、わくわくドキドキの出発です!

20110205.snowfestival3.jpg

20110205.snowfestival4.jpg

 

 

20110205.snowfestival5.jpg

ちょっとバランスを崩し、転ぶと思ったのですが・・・

20110205.snowfestival6.jpg

うまく立て直しました!

20110205.snowfestival7.jpg

20110205.snowfestival8.jpg

フィニッシュ時、私の顔が見えて、ニコッ。

20110205.snowfestival9.jpg20110205.snowfestival10.jpg

この後2回続けてソリにのりました。2回目には何だか自作の歌を歌いながら降りてきたプディング。バランスを取るのも上手くなって、とっても楽しそうでした。

小さい子供には、傾斜のゆるい場所でのソリもありました。

20110205.snowfestival11.jpg

これは、区長さんとのツーショット。

20110205.snowfestival14.jpg

ご飯の時間になり、無料でのちょっとした食べ物のサービスもあったのですが、ここでも長蛇の列だったので、近くのレストランで食事。

プディングは、まだ遊びたかったようで、ものすごく不機嫌。怒っています↓

20110205.snowfestival12.jpg

食事の後は、また公園に戻り、ソリ遊び。

ウサギ等の小動物に触れる広場やポニーに乗れる広場もあり、プディングの希望でポニーに乗りました。・・・が、これもものすごい行列。45分くらい並んだでしょうか。プディング、とっても楽しそう。

20110205.snowfestival1.jpg

十分に遊んだので、プディングも満足。帰る途中に消防士さんに呼び止められて、小さな消防士の制服を着せてもらえました。

20110205.snowfestival13.jpg

プディングは今日一日とても堪能したようですが、私とダーリンはぐったり。私は家に帰ってからちょっと横になりました。

この中央区雪まつりは、明日、日曜日も開かれます。ものすごく混んで、雪もかなり汚くなって、カチカチになっていると思いますが、ご興味のある方は、こちらを。

雪が硬く、滑りやすいので、滑りにくい靴を履いていってくださいね。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(7)  コメント(3) 
共通テーマ:育児

またしても大活躍 [ナーサリー(年少)]

皆様、前回の記事には沢山のnice!や暖かいコメントを頂きありがとうございました。あの記事以来、ちょっと更新が怠ってしまいました。

というのも、プディングが日曜日から風邪を引き、ひどい咳と鼻水が出て、その看病に追われていたためです。おまけに私は、食事の準備中、スライサーで右親指を切ってしまい、うまくパソコンのキーが打てず・・・。それにしても、血が止まらなくて大変でしたよ。

さて、プディングは、月曜日からナーサリーを休んでいますが、明日は行くことが出来そうです。プディングは、気管支が弱く、無理をさせるとすぐに気管支炎をおこしてしまうので、ひどい咳や鼻水がある場合は、たとえ熱がなくて元気でも、それらがきちんと治まるまで学校には行かさせません。それに咳や鼻水があると他の子供にうつす可能性が高くなるので、休ませます。

今日は、ナーサリーの子供達に絵本を読むボランティアがあり、プディングは休んでいるので行く必要はなかったのですが、ダーリンが「時間があるから行ってくるよ。」と言って、出かけました。

今日読んであげた本は、下の二冊。

このGood-Night Owl!という本は、1972年に出版されたPut Hutchingsというイギリス人著作の絵本です。

穏やかな朝、陽の光に包まれてうっつらうっつら・・のフクロウ。
そこへハチがぶんぶん飛んできて、フクロウは眠れません。
あらあら今度はリスがやってきてナッツを食べ始めました。
かわいそうにフクロウは眠れません・・・。
次にカラスがやってきてカァ~カァ~と騒ぎ立て、
キツツキがやってきて木をつつきだす。
ムクドリが鳴き出し
カケスも大騒ぎ・・・・・、

と簡潔な英語とリズムのある書き方で書かれ、ちょうと4-6歳くらいの子供が読む本として良本です。

Good Night, Owl!

Good Night, Owl!

  • 作者: Pat Hutchins
  • 出版社/メーカー: Simon & Schuster Children's Publishing
  • 発売日: 1972/09/01
  • メディア: ハードカバー

そして、もう一冊はWhere the Wild Things Are。「かいじゅうたちのいるところ」という訳本として皆さんもご存じではと思います。1963年に出版されて以来、世界で2000万部ほど売れている絵本です。

Where the Wild Things Are (Caldecott Collection)

Where the Wild Things Are (Caldecott Collection)

  • 作者: Maurice Sendak
  • 出版社/メーカー: HarperCollins
  • 発売日: 1988/11/09
  • メディア: ペーパーバック

日本語のものはこちら。

かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ

  • 作者: モーリス・センダック
  • 出版社/メーカー: 冨山房
  • 発売日: 1975/12
  • メディア: 大型本
我が家では、英語の絵本を読む場合、その和訳本があれば、できるだけそれも合わせて読むようにしてあげています。そうすると、その本に出てくる新しい単語でも英語と日本語の両方を覚え、ことばのバランスがよくなります。
ところで、ダーリンが絵本を読んであげた後、担任の先生とちょっと話をしたそうですが、「風邪が治るまで休ませてくれてありがとう。」と言われたそうです。咳や鼻水がひどくても休ませずに学校に子供を送りこむ親が多いようで、先生としても生徒や自分自身に風邪をうつされたくないし、また体調が悪い生徒を一日みるのは苦労が多いようなニュアンスだったそうです。それりゃ、そうだよね。
それにしても、今回もこの間買った電動の鼻水吸引器(その記事はこちらを)が大活躍。一日何度これでプディングの鼻水を吸いとっていることか・・・・。自分の鼻も試してみましたが、やはり吸引力が耳鼻咽喉科のものほどはないため、奥の鼻水がとれることはありませんが、幼児の鼻水だとティッシューでかませても出てこないような奥の鼻水まで取ることができます。ティッシューを使って鼻をかませると、自分の手が汚れて大変ですが、これだと手が汚れないのでずいぶん楽です。
しかし、妊娠していて子供が風邪を引くと本当に神経を使います。飲める薬が限られるので、出来るだけうつされないようにしないといけない・・・。なので、家では私がマスクをかけ、何度もうがいや鼻洗浄をしてがんばっています。今のところ、風邪の兆候はなく、元気です。このままうつらないといいけれど、またプディングがナーサリーにもどると新たな風邪を引くんだろうなぁ・・。あ~、憂鬱。
にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

なかなかやるね。 [ナーサリー(年少)]

この週末、入間のアウトレットに行ってきました。2008年4月、埼玉県入間市にオープンした三井不動産が運営するアウトレットです。こちらのアウトレットは、東京近郊のアウトレットの中では、おそらくチェルシーが運営する御殿場のアウトレットに次いで品揃えやブランドが多く入っているアウトレットだと思います。ただし、プラダやグッチ等の高級ブランドはほとんど入っていません。高級ブランド目当てであれば、やはり御殿場がお勧めです。

ここに行くのは2回目。自宅からは、高速を使って渋滞がなければ1時間ちょっとで行く距離なのですが、なぜか行くたびに事故があり、2時間もかかってしまいました。

2011022.outlet3.jpg

アウトレットに到着したのが昼になってしまったため、まず腹ごしらえ。プディングは、ご飯を待つ間、何やらずっとおとなしく、じっと店舗地図を見ていると思ったら・・・・

 

 

 

「あ~、マミー、レゴショップあった!噴水の近くだ!」  

なんとレゴショップを探していたのでありました! なんとも最近頭が働くようになってきました。

2011022.outlet1.jpg

・・・で、ランチが済むや否やすぐに噴水を探し出し、レゴショップに直行したのでありました。

そして、しばらくおもちゃを物色したと、一つ大きな箱を抱えて、私のところに持ってきました。

キャラパンのセットです。

2011022.outlet4.jpg

「マミー、これ買っていい?」 う~ん、アウトレットとはいえ、値段が3000円を超えている・・。2000円までだったら、まぁ買ってもいいかと思っていたけれど、3000円を超すとダディの稟議が必要。

「ダディにちょっと高いけれど、買ってもいいか聞いておいで。」というと、プディング、大きな箱をかかえ、ダディのところに行き、"Can I buy this?"(買ってもいい?)と聞きました。私は、再度「ちょっと高いけれど、買ってもいいか、と聞きなさい。」というと、プディング、申し訳なさそうにダディの顔をみて、"This is a little bit expensive. Can I buy it?"と聞きました。 プディング、最近都合の悪いことは通訳をしないことが出てきました。つまり、「値段が高い」というと、買ってもらえないのが分かっているのです。でも、プディングには超甘いダーリン、笑いながら"OK."と快諾してあげていました。

帰り間際、アウトレット内を走っている汽車を発見したプディング。乗り場に走って行って、一番で乗りこみました。プディング、先頭の席が確保できて満足・・・。

2011022.outlet2.jpg

帰りの車の中でも、家に帰ってからも、ずーっと買ってもらったおもちゃに今までのレゴを加え、楽しそうに遊んでいたプディング。そのうち、レゴの店が開けるんじゃないか・・、と思うほどレゴが増えてきた我が家です。

にほんブログ村 子育てブログ ハーフの子へ ← ご訪問ありがとうございます。クリックしていってくださいね


nice!(9)  コメント(5) 
共通テーマ:育児
前の10件 | - ナーサリー(年少) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。